取引先との会食が自腹に…税理士が解説「経費でよくある誤解と真実」

読了目安[ 2 分 ]

「これ経費で落としといて」という言葉、耳にしたことがあるかと思います。
みなさんは具体的にどういう意味かお分かりですか? 行間まで読み取りますと、「自腹ではなく会社で負担する費用として税金も安くなるように処理して」という意味になります。

ではどういうものが自己負担ではなく、会社負担の経費として認められ、税金も安くなるのでしょうか?

このことを考えるにあたっては、

  1. まずその支出について会社で負担すべきかどうかという確認を
  2. 続いて会社負担として判断された場合、税金の計算上も経費として扱われるかどうか確認
    1. というように、それぞれ判断基準が異なる2つの段階について、順を追って確認していく必要があります。

      ちょっとややこしくなってきましたね。次でご説明していきましょう。

      経費の考え方

      支出の内容としては

      • 交通費
      • 電話代
      • ,li>飲食代

      • 商品の仕入代金

      などなど色々あります。

      経費とは、これらのうち収入を得るために必要な支出ということになります。

      従いまして売上獲得に関係ない支出は“経費性”がないとなり、経費で落とせないということになります。

      次に“経済合理性”、つまり支出した金額が妥当か?という点も重要です。

      たとえば知人や親戚の経営する会社に業務委託費を支払ったとしましょう。

      その金額が全く関係のない第三者の会社に払う場合や相場などと比較して不当に高くなっていないかという視点です。

      もし、不当に高いと判断された場合は支払先への寄付金など利益供与とされ、これまた経費にはできなくなります。

      まずはこれらが経費性を判断する上での大前提となります。

      これを踏まえて、上でちょっと触れた経費の考え方の2つの段階(1)(2)について、どういうことなのか、以下具体例をいくつか見ていきましょう。

      経費として扱えるか実例4つの解説は次ページへ

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。