トランプショックで金相場大荒れ!「新大統領と金の値段」今後の予想は…

読了目安[ 6 分 ]

11月8日に起きたトランプショック。メディアや世論調査に反してトランプ候補が勝ったことで、市場はパニックに陥り、金(ゴールド)に投資家達が集まり、値段は急上昇。金は資産のラストリゾートと言われる通り、パニック時に買われる資産。

ところが、パニックは一夜で静まり、株高・円安へと動いたために、金も値下がりしています。あれ・・・トランプショックって何だったの?

<アメリカ大統領選挙おすすめ記事>
トランプが劇的勝利!政策から紐解く「世界情勢&日本への影響」どうなる?
大統領選トランプ氏勝利で相場激変!【岡安盛男の初心者でもわかる今週の為替市場】
トランプ米大統領が誕生したら…「為替大荒れ&日本への影響」予測

トランプパニックと金の値段、マネーゴーランド
※引用:GMOクリック証券

一時的に上昇した金はすぐに値下がり、その代りに金利と株価が上昇しています。今後の金はどのように動くのでしょうか。まず、状況を見てみましょう。

メディアの報道に偏り!

まず、マスコミや市場の大統領選挙予想にバイアス(偏り)があったということ。実際は、思った以上に、クリントン候補の人気が低く、トランプ候補の人気が高かった。これは、来年に控える欧州各国の選挙で、問題になる点ですから、記憶しておくこと。

トランプ氏は経済に強い!

次に、トランプ候補の経済政策は、財政出動と減税・規制緩和で米国の雇用を回復させるということが柱になっており、「インフレ・高金利・株高に動きやすい政策」いうこと。このビジネス有利というトランプの政策が全く、マスコミや市場に検討されていなかったことが挙げられます。

それゆえに、当選直後は、皆がパニックになり、資産を処分して金に逃げましたが、落ち着いてみると、「待てよ、トランプって・・・元はビジネスマンで経済に強いのでは」という視点が浮上してきました。

トランプパニックが瞬間的だった理由

次に具体的な事を見ていきましょう。
ポリティカル・コレクトネス:差別や偏見のない正しい言葉や行動を行うという考え方。反面、本音を言えない・理想主義で現実に即していないという欠点を持ちます。
この考え方が、メディアや世論調査でのトランプ反対に繋がった理由の一つ。暴言&本音のトランプはポリティカル・コレクトネスを推進するリベラル派から嫌がられます。そして、メディアの多くはリベラル派です。

トランプさんの方が経済に強い:トランプさんは、元々は不動産業のビジネスマン。プロレスのWWEばりの派手なパフォーマンスと暴言に気を取られがちですが、ビジネスや経済に対する理解はクリントン候補より上。実地で叩き上げたビジネス感覚を持っている方です。

財政出動:ここ数年、日米欧の中央銀行は、必死に金融緩和(低金利・通貨供給)で経済を支えてきました。しかし、なかなかデフレ退治と景気回復に繋がりません。そこで、もう一つの手である政府の財政出動なのですが、財政支出を増やせば赤字になり、将来に災いをもたらすとして反対多数で手つかず。その点、今回の選挙で、大統領と議会が揃って共和党になったために、財政支出の障害が一つなくなりました。

規制緩和でビジネスにプラス:もう一つの大切な点が規制緩和を行うと発言していること。先進国で、新たにビジネスを起こすには、様々な規制をクリアしなければいけません。そこを壊せば、新規開業・競争が起きて、ビジネスにプラスです。

結果的に、トランプ大統領で、経済成長を達成できるかもと、市場は色めき立っています。デフレや超低金利の時代をトランプさんがぶっ壊してくれる可能性があるということです。ただし、これまた、行き過ぎると副作用が怖いところ。

トランプパニックと金の値段、マネーゴーランド

対立による政治・軍事危機

ここまでは、トランプさんのプラス面をご紹介してきましたが・・・やっぱりマイナス面も気になりますよね。
ここは、今までも話されてきた通り。米国が保護貿易に舵を切れば、新興国は、米国という最大の市場を失い路頭に迷うことになります。人種・主義・宗教などの違いが差別そして対立へと激化して紛争や戦争が起きやすくなるかも知れません。
また、トランプさんの財政出動&規制緩和の経済政策が失敗して、米国の財政悪化&金利急騰による経済悪化になるかもしれません。

これらの事を考えると、金への影響度合いとしては、下げる懸念が出てきそうです。
今後、経済成長やインフレが進み、金利が上がっていけば、(米10年債金利は2%超え)投資家達は、債券や金を売り、株や事業への投資を行うでしょう。金利を生まない金は、金利上昇局面で下がるリスクがあります。向かい風のイメージが出易い投資先になったかも知れません。

世界が安定したまま、経済成長の方に向かえば金は安くなります。しかし、世界で対立や不安定さが増して、株や不動産にリスクが生じれば、金に注目が集まり値段は上がっていくでしょう。さあ、これから、金利と金の動きに注目です。

おすすめ記事


コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。