大切な財産の預け先…FPが解説「大手銀行vs信用金庫」どっちがいい?

読了目安[ 4 分 ]

「昔、あそこは○○銀行だった」「あそこは○○銀行と合併して○○銀行になった」という金融機関の歴史が頭の中でぐちゃぐちゃになることありませんか。日本金融通信社、通称「ニッキン」によると2016年9月末の保険会社を含めた金融機関数は1538社。

5年前と比べると114社減っています。社会的環境も生活者のニーズも変化する中、自分にあった金融機関の選び方について考えてみましょう。

大手銀行の魅力:新サービスが続々登場

三井住友銀行は、印鑑に代わってサインを登録する方法で口座開設できる新サービスを2017年2月から一部の支店で試験的に開始します。大手銀行ならではの思い切った新サービスで、近い将来、金融機関の手続きに印鑑が必要ない時代が来るかもしれません。このように大手銀行は、潤沢な資金で最先端のシステムをいち早く導入し、ニーズに合った業務の効率化をはかることができます。

信用金庫の魅力:地域密着の目から鱗のサービスが豊富

一方、信用金庫は地域密着の特性を生かした新サービスで、顧客のハートを射止めています。

独自の掲示板を作成し、お客様同士がビジネスパートナーを探せる、ビジネスマッチングに取り組む信用金庫。そして、特定のがん検診の受診で定期預金の金利がアップするサービスを提供する信用金庫。空き家問題の一助になればと、空き家解体ローンを生み出し、建て直しやリフォームの後押しをする信用金庫もあります。

このように信用金庫は、顧客の暮らしと地域の発展のために、一緒に考えてくれる身近な存在であり続けています。

住宅ローンで考える「大手銀行vs信用金庫」

住宅ローン選びでポイントとなるのは、(1)金利、(2)団体信用保険、(3)保証料・手数料
の3つでしょう。

金利が低くても借入時の保証料が高い、団体信用保険の内容が充実していても金利が高い、繰り上げ返済時に手数料がかからないけど借入時の手数料が高いなど、住宅ローンは、あちらを立てればこちらが立たないもの。これは、大手銀行、信用金庫のくくりでは納得のいく説明はできません。

あなたのための金融機関選び「大手銀行vs信用金庫」結論は?

大手銀行vs信用金庫はどちらがいいのか、結論はどちらも、いいのです。

住宅ローンで言えば、保険をかけすぎている方が団体信用保険の手厚い金融機関を選び、加入中の保険を見直し、保険料が大幅にダウンできればそこがあなたにあった金融機関です。中小企業の社長が長年探していたビジネスパートナーを信用金庫のサービスで見つけることができたなら、そこがあなたのための金融機関です。

昔は、大手銀行は「点」で、信用金庫は「面」で、顧客をとらえていたと言われています。しかし、現在では、双方の営業スタイルにさほど差はなく、地域に根付いた息の長いお付き合いを目指しています。

古くからある考えにとらわれず、新たな門をたたいてみませんか。

おすすめ記事


コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。