大統領選トランプ氏勝利で相場激変!【岡安盛男の初心者でもわかる今週の為替市場】

読了目安[ 3 分 ]

11月第2週の見通し(2016/11/14)

為替アナリストの岡安盛男です。毎週月曜日にお届けしている『初心者でもわかる今週の為替市場』。今週も宜しくお願いします。

「大統領選トランプ氏勝利で相場激変」
先週行われた米国大統領選は予想に反してトランプ氏が勝利し市場は波乱含みの展開となりました。

投票前の世論調査ではクリント氏優勢と報道されていたことから、東京市場ではドル円が買われ105円ミドルまで上昇。しかし、結果が徐々に明らかになるにつれトランプ氏優勢との見方が強まりドル円は101円20銭付近まで下落。結果的にトランプ氏勝利が決定したところでドル買い戻しに変化し、ドル円は105円ミドルまで上昇。欧米の株式市場は軒並み上昇。投票前からトランプ氏が当選すればドル円は100円割れ必至で株式市場も暴落するといった見方が大半でした。しかし、結果は全く反対の動きになりました。

トランプ氏の政策は10年間で1兆ドルのインフラ投資、法人税を35%から15%に引き下げる事。また、海外に逃避した2兆ドルの資金を呼び込ませるために10%まで減税。個人の減税なども合わせると財政赤字が大幅に拡大することになります。また、輸入制限や移民流入抑制などを掲げています。もし、輸入制限を行えば輸入価格が上昇。移民制限で企業は国内の高い賃金を支払う事になり物価上昇が進むことになります。結果的に景気回復が進むと同時にインフレが高まり金利が急速に上昇すると予想されます。それを見越し既に米国長期金利は上昇しドルも全面高となっています。

米国議会は上院と下院共に共和党が過半数を確保しています。そのような状況下でトランプ氏が来年1月に大統領就任後、実際にこれらの政策を打ち出したとすれば高い確率で法案は通通過することになります。
トランプ氏はこれらを100日で断行すると言及していることから、金利も来年は予想以上に上昇しドル高が更に進むと思われます。

ただ、今の市場はトランプ氏のプラス面の政策だけに焦点が集まっています。いずれ熱気が冷めたところで、それらの副作用などマイナス面に焦点が移るようならドル売り・円買いの動きが強まる可能性もあり予断は許せません。

さて、今週のドル円ですがFRBのフィッシャー副議長は大統領選挙が終わり、株価が上昇したことで利上げに前向きな姿勢を示しました。
今週も多くのFOMCメンバーの発言が予定されています。それぞれが利上げに前向きな姿勢が示されると予想されます。そうなれば、今週もドル高・円安の流れが継続するとみられます。
ただ、急速に上昇が進んだだけに、調整のドル売りには注意が必要です。

おすすめ記事


コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。