「会社員VSフリーランス」幸せなのはどっち? メリット&デメリット比較

読了目安[ 2 分 ]

フリーランスという働き方に憧れる人は少なくないでしょう。

毎朝、ゆっくりと好きな時間まで寝ることができますし、上司に怒られることもありません。会社に出勤する必要もなければ、好きなときに休みを取ることができます。

メリットが非常に多く感じられるフリーランスですが、もちろんそれ以上のデメリットも存在するのです。今回は、フリーランスと会社員の働き方を比較して「どちらが幸せか?」ということについてお話しします。

この記事の目次

自由度

自由度という視点で見れば、フリーランスの方が自由度が高いことは言うまでもありません。しかし、裏を返せば仕事の時間を自分で決めなければなりません。

つまり、だらだらと時間を過ごしてしまうと、その分収入は少なくなります。もし、自宅で作業ができないとなれば、カフェやコワーキングスペースなどの料金も必要になります。フリーランスは確かに自由ではありますが、その自由度がデメリットとなることもあるのです。

安定性

安定性であれば、やはり会社に雇われる方が安定していると言えるでしょう。特に、病気にかかったときに大きな差が出ます。会社員であれば、有給休暇や傷病手当金が保証されており、突然収入が0になるということはありません。

しかし、フリーランスは自動的に収入を生み出すシステムでも構築しない限り、収入はゼロになります。働いただけ収入が大きくなるのは魅力的ですが、働けない場合にも対応できる自己管理が必要なのです。

日常生活

フリーランスであれば、様々なしがらみから逃れることができます。朝に満員電車に乗る必要もありませんし、決まった時間に起きる必要もありません。

その分、会社員と違って仕事と日常生活のメリハリがつきにくいとも考えられます。普通の生活を送っていても常に仕事のことを考える癖がつきますし、休める時間が多いようで意外と少ないのかもしれません。

しかし、これも趣味が仕事であるという人には最高の環境かもしれません。ずっとしていても苦にならないというような仕事であれば、フリーランスで働くことほど幸せなことはないと思う人もいるでしょう。

会社員とフリーランスのどちらが幸せであるかは、その人の性格や仕事内容に寄るのではないでしょうか。

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。