小さな努力で12,000円も節約!噂の「ごはんカレンダー」って何?

読了目安[ 3 分 ]

「ごはんカレンダー」というものをご存知ですか? 実は、最近話題になっている、明日・明後日・1週間後など、近い未来に食べる予定のものを書くカレンダーのことなんです。

これを利用すれば毎日献立を考えなくて良いのでラク!そしてなんと、食費の節約にまでつながりお得です。

ごはんカレンダーのつくり方

使用するカレンダー自体は、パソコンやスマートフォンのカレンダーアプリでも良いですし、手帳や市販のカレンダー、手作りカレンダーでもなんでも大丈夫です。

やり方は、時間があるときに3日分や5日分、1週間分の献立をすべて一気に考えてカレンダーに記入し、その通りに毎日食事をつくって食べるだけ。もちろん、毎日料理をしなくても、つくりおきで食べるだけの状態にしておくのもOKです。

ごはんカレンダーを続けるコツ

献立が考えられなくて悩んでいるのに、まとめて一気に考えるなんてできない!と思われるかもしれませんが、まずはメイン料理だけ5日間考えてみたり、3日間だけすべての献立を考えるなど、はじめは少しずつのペースでやっていきましょう。

慣れてくると、この料理のつぎはこれが活用しやすいからメインはあれにして……と、献立の組み立て方も上手になってきます。

ごはんカレンダーで節約する方法

1週間分などまとめた日数の献立を考えて実践していくだけでどうして食費の節約になるの?と思われる方も多いでしょう。でも、献立が決まっているからこその節約方法があるのです。

それは、なんといっても「まとめ買い」ができること。その日その日に献立を考えていては、毎日スーパーに買い物に行かなくてはいけませんよね。スーパーにはその日の特売品や新商品など、目的以外の誘惑がたくさん潜んでいます。週に一度、1週間分の献立を決めて食材を1回のまとめ買いで調達できれば、ついつい買いやムダ買いをする機会もかなり少なくなりますし、献立が決まっているので必要なものが一目瞭然で買い物もしやすいです。

また、慣れてきたら週に1度スーパーに行き、その時々の安い食材ばかりを購入してから献立を作成してもOK。ただしこの場合は、買いすぎないように購入予算を決めておくとよいでしょう。

余計なものは買わないに尽きる

ごはんカレンダーは献立を前もって決めておくので、その献立に必要のない食材は買う必要がありません。献立を悩みながらあれもこれもと買い物をするよりは、明らかに出費を抑えることができます。

毎日1,000円分の買い物をスーパーでしていたところ、週4,000円以内と決めてまとめ買いするようにすれば、週に3,000円、1か月で12,000円も節約できます。余計なものは買わない、これに越した節約方法はなかなかありません。

おすすめ記事


コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。