困ったときの命綱…「銀行がお金を借したくなる人」になる方法

読了目安[ 3 分 ]

銀行からお金を借りる目的として一番多いのは「住宅ローン」、次いで「教育ローン」になるでしょう。

銀行からお金を借りたい時に借りやすい人は、信用度がある人です。銀行はお金を貸す時には審査をして申込者に対してお金を貸すかどうかの判断をします。銀行にお金を借りたいと思った時に、どうしておくとよいでしょうか?

借りたい時に借りやすくしておくポイントについてお伝えします。

銀行の借り入れ審査とは?

銀行は、借り入れの申込者に対して「銀行が設定している条件にあてはまるか?」「返済能力はある人なのか?」「いくらまで融資して良いのか?」など、それぞれの銀行独自の審査基準を設けて審査します。

主に審査でチェックされる項目としては、年収、勤務形態、勤続年数、預貯金などの資産状況、他に組んでいるローン、個人の信用情報など多岐にわたります。

例えば、マイホームを購入したいと思い、住宅ローンの借り入れを申し込んだけれど審査が通らないケースはあります。申込者本人にとっては、勤続年数も長く、安定した収入があり、無理なく返済できる借り入れ金額で申し込んだのに何で通らないのか? と驚くことでしょう。

審査が通らなかった理由について銀行は教えてくれません。理由がわかられない場合は、自分で調べる方法があります。

個人信用情報を入手する

銀行の審査が通らないケースによくある理由としては、クレジットカード、その他ローンなどの延滞があります。銀行は審査をする際に「個人信用情報」を管理している機関に確認します。個人信用情報を見れば、クレジットカードやローンなどの借り入れ状況、返済状況などが確認できます。

つまり、申込者がいくら借り入れしているのか、きちんと返済しているのかが把握できます。個人信用情報を管理している機関には「CIC」「全国銀行個人信用情報センター」「JICC」などがあります。個人情報の開示については本人自身が、窓口や郵送、インターネットから手続きすることができます。

借りたい時に借りられる状況にしておく

「大学の入学金の準備に困り教育ローンを借りたくても借りられない」「欲しい物件が見つかったけど住宅ローンが借りられない」という事にならない為にも、審査が通りやすい状況にしておく事は重要です。さらに、給与口座を利用している銀行など取引がある銀行であれば、借り入れの際、金利優遇をしてくれることもあります。

借りたい時に借りられないという事がないように、借り入れの返済などはきちんと返済しておくことが大切です。

おすすめ記事


コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。