えっ通信大手がテレビ局を買収⁉︎ 米史上最大規模の買収劇と未来予想図

読了目安[ 4 分 ]

米通信大手の『AT&T』は、10月22日に米テレビ・映画番組制作大手の『タイム・ワーナー』の買収で合意したと発表しました。

ニュースでは、854億ドル(約8兆8000億円)とメディア業界の買収で史上最高規模。日本で一位・二位の時価総額を誇るトヨタ自動車が約20兆円、NTTドコモが約10兆円ですから、凄い規模の買収です。例えるなら、NTTグループがテレビ局を買収するようなものです。

この巨額買収の背景には、「通信と放送の垣根」がどんどんクラッシュして、魅力的なコンテンツを取り合っていることがあります。

大昔、映画・ドラマ・ライブ・スポーツは、劇場・スタジアムなどその場で見るものでした。そこに、テレビ放送という新しい見方が登場し、生で見られなくてもテレビで見るという楽しみ方ができるように変化。そして今、ネット配信することで、パソコンやスマートフォンで見ることができます。

AT&Tがタイム・ワーナーを買収、マネーゴーランド

2015年はネット配信本格化時代の始まり

このネット配信が、本格的に始まったのは2015年から。『Netflix (ネットフリックス) 』などの、有料動画配信サービスの中身=コンテンツが充実しはじめて、加入者も増加。テレビ業界は地上波同士の争い、そして、ケーブルテレビ・衛星放送との争いを経験してきましたが、次の争いはネット放送です。

すでに、日本や米国では、地上波だけでなく、様々なCS・BS放送を見られるのは当たり前。そして、ネット放送が一部の先駆者・マニアだけに重宝されていた時代から、一般の視聴者があたり前に見る時代に来ています。

今回のAT&Tによるタイム・ワーナー買収も通信と放送の融合にのっとった買収です。AT&Tなどの通信業界は、通信速度や広範囲で繋がることをウリにする時代から、視聴できるコンテンツの中身で勝負する時代へと変化しました。

2012年に日本のソフトバンクが、米国の携帯会社スプリントを買収しました。この辺りまでは通信業界同士が、より大きくなるために買収が行われていたと言えます。ところが、2014年5月には、AT&Tは、衛星放送大手の『ディレクTV』を買収しています。タイム・ワーナーもその線に沿った動きです。

タイム・ワーナーは、CNNなどのニュース放送、さらに、ワーナー・ブラザーズという映画会社を持っています。ハリー・ポッター・バットマンなどの優れたコンテンツが目白押し。

これからは日本も米国も通信を選ぶ決め手はコンテンツ

コンテンツの大事さは、ポケモンGO・ハローキティ・ディズニー映画のヒットなどでも証明済みですね。

さて、日本でもネット放送事業は、通信性能からコンテンツ勝負の時代に入っています。ソフトバンクは、『スポナビライブ』というネット放送を開始し、ソフトバンク携帯加入者は、月額500円で様々なスポーツの生放送を見ることができます。

AT&Tがタイム・ワーナーを買収、マネーゴーランド

そして、ここが大事なのですが、最新の映画・ドラマ・ライブやスポーツ放送の醍醐味は、なんといっても「リアルタイム感」です。プロ野球日本シリーズの広島対日本ハム戦をリアルタイムで放送するのと録画放送では雲泥の差があることをお分かり頂けると思います。

ということは、放送する側は、「一社だけの独占放映権」が欲しい。お金を出して他社に放送させなくする仕組み。独自コンテンツがネット放送の加入者数・視聴者数に繋がるわけですから当たり前の話ですよね。

今後、海外・日本を問わず、キラーコンテンツと呼ぶ「映画・音楽・スポーツ」の権利争奪戦がますます激しくなるでしょう。AT&Tとタイム・ワーナーと同じような買収劇は各国で起きそう。ディズニーや任天堂を買えれば・・・世界各地の会議室で夢と現実が語られているのではないでしょうか。

次回も宜しくお願い致します。

おすすめ記事


コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。