自転車事故で9千万円の請求!実際にあった賠償金「高額ランキング」

読了目安[ 3 分 ]

ここ数年、自転車での事故は問題視されてきましたが、まだまだ軽んじられる傾向にあります。しかし、実は自転車事故でも、被害の大きさによっては数千万もの多額の賠償金を払わないといけないこともあります。

今回は、『一般社団法人 日本損害保険協会』のウェブサイトの情報をもとに、自転車事故において高額の判決容認額になった5つのケースをランキング形式でご紹介します。

第5位【4,746万円】

東京地方裁判所にて平成26年1月に判決が下された事故です。日中、青信号で横断歩道を歩行中の75歳の女性に、交差点の赤信号を無視して侵入してきた男性が衝突。女性は脳挫傷などの怪我を受け、事故の5日後に死亡しました。

第4位【5,438万円】

東京地方裁判所にて平成19年4月に判決が下された事故。男性が昼間に信号標識を無視して交差点に猛スピードで侵入。青信号で横断中だった55歳の女性と衝突し、女性は頭蓋骨損傷等で事故の11日後に死亡しました。

第3位【6,779万円】

東京地方裁判所にて平成15年9月に判決が下された事故。夕方ごろ、男性がペットボトルを持ちながら下り坂を猛スピードで走行し、そのまま交差点に進入したところで、横断歩道を横断中の38歳の女性と衝突しました。事故の3日後、女性は脳挫傷等で死亡しました。

第2位【9,266万円】

東京地方裁判所にて平成20年6月に判決が下された事故ですが、日中、男子高校生が自動車横断帯の手前の歩道から車道をななめに横断しました。対向車線を自転車で進んでいた24歳の男性と衝突し、その後、男性は言語機能の喪失など、重大な障害が残りました。

第1位【9,521万円】

神戸地方裁判所にて平成25年7月に判決が下された事故。11歳の男子小学生が夜間に自転車で走行中、歩道と車道の区別のない道路において、歩行中の62歳の女性と正面衝突。女性は頭蓋骨を骨折するなどの障害を負い、意識が戻らない状態となってしまいました。

なお、判決認容額とは、裁判における裁判文において、加害者が支払いを命じられた金額のことで、判決後の上訴等によって、加害者が実際に支払う金額とは異なる場合があります。 

ちなみに、上記のような場合の賠償責任は、未成年であっても免れることはありません。自転車による事故増加を受け、自転車保険を義務化する自治体が増えてきています。自転車保険の詳細については、9500万円の賠償金実例も…義務化が進む「自転車保険」FP推奨の加入法 でも紹介しています。自転車は安全に、人に迷惑をかけないように乗りましょう。

おすすめ記事


コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。