歯科矯正やレーシックなど高額医療もサポートする医療ローンとは?

読了目安[ 3 分 ]

病気やケガの治療にはお金がかかります。当たり前のことですが、いざ病院に行く時になって、心配になったことはありませんか。

最近ではクレジットカード払いができる医療機関も増えたので、現金をいくら持っていくかを気にすることは少なくなったでしょう。けれども、支払わなければならないことに変わりはありません。

治療費に困った時に利用できる方法のひとつに、医療ローンというものがあります。今回は、この医療ローンについての解説です。

医療費はそもそも軽減されている

みなさんがお持ちの保険証、これがあれば保険診療は3割の自己負担で治療を受けることができます。

さらに、高額療養費制度により、自己負担の上限額が定められていますので、際限なく高額になってしまうことはありません。

上限額は月の収入によって決まります。給料が30万円程度であれば、1ヶ月の自己負担は10万円弱ですむ計算です。これなら、貯金や医療保険の給付金で乗り切れる金額ではないでしょうか。

高額療養費制度(70歳未満)とは

所得区分 自己負担限度額
標準報酬月額 83万円以上 252,600円+(総医療費-842,000円)×1%
53万~79万円以上 167,400円+(総医療費-558,000円)×1%
28~50万円以上 80,100円+(総医療費-267,000円)×1%
26万円以下 57,600円
低所得者 住民税非課税など 35,400円

※「標準報酬月額」とは、毎月の給料などの月額を区切りの良い幅で区分したものです。

医療ローンとは

しかし、保険適用外の治療を受けたかったらどうでしょう。たとえば歯科矯正やインプラント、視力矯正のレーシック、先進医療などは保険の適用外です。そんな時に、医療機関が提携している「医療ローン」が用意されていることがあります。

「医療ローン」は治療費の資金として借りるので、自動車ローン等と同様の“目的別ローン”になります。審査には数日かかることが多く、審査基準は決して緩いということはありません。

医療ローンの審査基準として、重視されるポイント

  • 安定した収入があるか
  • 返済能力はあるか
  • 他社からの借入れはあるか
  • 金融事故の履歴があるか

ひとことで言うと、きちんと返済できる人でなければ、ローンを組むことはできません。住宅ローンやカードローンなどと同じですね。

一般のカードローンも選択肢のひとつ

医療ローンは、医療機関と提携しているノンバンクや銀行が取り扱っています。金利は借入金額などによっても違いがありますが、一般的に5~7%が多いようです。

目的を定めないフリーローンは、無担保のため金利が高くなりがちですが、借入れる人の信用度によっては、3%程度の金利になる場合もあります。また、不動産や証券などの担保があれば、さらに低金利で借りられますので、幅広く比較検討をすることをお勧めします。

医療ローンを利用するなら自己資金の準備を

資金が足りないからといって、希望する治療を受けられないのはとても辛いことです。ローンで治療をした後に、元気になってしっかり稼いで返せば良い、という考え方もあります。

しかし、治療にはリスクも伴います。何年もかかって返済するローンは最小限にして、できるだけ貯金や保険で準備をしておくとよいでしょう。それは、治療後の暮らしのためにも、とても大切なことです。

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。