株やFXと比べて…経験者が語る「民泊投資のメリット」【民泊虎の巻】

読了目安[ 2 分 ]

「日本の一般の家」に宿泊したいという外国人旅行客がたくさんいます。外国人訪日者数はこの4年で3倍、年2000万人に迫る勢いです。平日の宿泊料が7,000円だったビジネスホテルが、休日前は4倍近くに値上がりしているケースもあるのです。

そこで私も早速、自宅の一部を貸し出すホームステイ型の民泊を試しにやってみました。

民泊なら初期投資が少なくてすむ場合も

私は築37年の空き家をリノベーションして暮らしているジャーナリスト・ファイナンシャルプランナーです。前作『100万円からの空き家投資術』(WAVE出版)で空き家の有効活用の手段の1つとして、民泊として外国人旅行者に貸し出す方法があることを伝えました。

取材を続けていくうちに、民泊は別に新たに物件を購入する必要などなく、今住んでいる家でできることがわかりました。

自宅の空き部屋で始めるなら、初期投資3万円から始められます。3万円の内訳は、ゲストのためのシーツや布団、枕、バスタオルなどです。来客用の布団が自宅にあれば、ほとんどお金をかけずに始めることができます。

株やFXなど他の投資と比較すると…

ホームスティ型民泊の場合、民泊新法が制定されたら届け出制で行うことができます。もし万が一、民泊を始めて嫌になったり、うまくいかなかったりしたら、すぐにやめて今までどおり自宅の1室として使えばいいだけです。たとえ布団やシーツを新調したとしても、そのあとは家族や来客用として使えばいいでしょう。

そう考えると民泊投資は同じ家を貸す不動産投資に比べ、ハードルが低く、株やFXなどの投資に比べても、失うものが少なくてすむのです!

次回以降で、民泊を始めるならマンションタイプがいいのか、最初に用意するものなどについて順にご紹介していきます。
 

おすすめ記事


コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。