苦い経験が生み出した必殺テク!ギャル流「お金のトラブル回避術」

読了目安[ 2 分 ]

財布をなくしてしまった。お金を貸したら返ってこなかった。「お金貸して」が口癖になってるあの人。などなど、意外と身の回りでお金のトラブルが起こっていませんか?

今回はギャルたちが遭遇したお金のトラブルについて聞いてみました。

トラブル事例1:「お金貸して」が当たり前になっている人

飲み会や食事の際、毎回のように「お金貸して〜!」と言ってくる人がいませんか?次に会ったときに返してくれるのならまだイイのかもしれませんが、自分の収支を把握して、無理に遊ぶことは控えていただきたいですね。
もしも知り合いに「お金貸して」と言われたときの、自然な断り方については、相手が思わず黙る…!お金を無心されたときの「上手な断り方」BEST5 を参考にしてみてください。

トラブル事例2:英会話スクールなどの年会費トラブル

まだギャルが学生だったときに、十分な説明もないまま2年間の英会話スクールに契約させられてしまったことがあったそうです。月々の会費が仮に2万円だとしても、年間で24万円。それが3年も継続しなければいけないとなると、かなりの額になってしまいます。幸いにもクーリングオフ制度を利用し、その日のうちに解約は出来たようですが、契約まわりはしっかりと確認をしたほうがよいですね。

そんなギャルたちが失敗から学び、日頃から心がけている対策は「どんなに仲が良い友達にもお金は絶対に貸さない」というもの。お金のトラブルから喧嘩に発展することほどやりきれないことはありません。その他のお金のトラブルは下記動画で語ってくれています。

おすすめ記事


コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。