借金も不勉強も大歓迎!庶民は仰天「お金持ち流逆転の発想」とは

読了目安[ 3 分 ]

一般的に日本人は、借金を悪と見なす傾向があります。借金と聞くと、返済地獄への入り口であり、自分の口座からお金を奪っていく悪者というイメージがあるのかもしれません。

しかし、その一方で、お金持ちは借金を必ずしも悪とは捉えません。きちんとリスク管理をして、将来的に借金以上のリターンが得られるのであれば、借金はむしろ良いこととすら思われているのです。

このようにお金持ちは、一般的に悪とされていることも悪と思わないことがよくあります。今回は、一般的に悪とされている、お金持ちが悪と思わないことについて考えてみます。

学校で勉強しないことは悪?

一般的な人は、優秀な大学に進み、博士号を取ることや大企業に入ることが素晴らしいと考えています。しかし、お金持ちにとって学校での教育は、それほど重要なことではないかもしれません。

それよりもお金持ちが重視するのは、「いつまでも自分の力で勉強し続けられるかどうか」ということ。多くの人が、サラリーマンになると勉強を辞めてしまう一方で、お金持ちは勉強を辞めません。このような継続は、長い目で見たときに大きな差ができるため、必要な能力と言えそうですね。

借金はしても良い?

先ほども少しお話をしたように、お金持ちは借金をすること自体が悪とは思わない傾向にあります。例えば、ソフトバンクグループは多くの営業利益を出しているにも関わらず、多くの借金を抱えている企業でもあります。

これは、借金をすることによって将来の利益を確保する、いわゆる投資なのです。つまり、借金をしてでもそれを超えるだけのリターンを得られるのであれば、借金も厭わないという姿勢のようですね。しかもお金を借りていても、「その金額を返せる相手であるから、貸し手もお金を貸してくれている」という捉え方をすることもできるわけです。

だから自分を満足させるためだけの借金は明らかに浪費なだけで、それとは全く違うということです。

人に迷惑をかけても良い?

日本人は子どものころから、「人の迷惑になることは辞めなさい」と教育されます。ですから、一般人は「人に迷惑をかけることは必ずやってはいけない」という思いを持ってしまいます。

しかし、お金持ちは他人を上手く利用することを悪とは思いません。大きなお金を動かすためには、自分1人では限界があり、他人に少なからず影響を及ぼしたり時には迷惑をかけることになるからです。

それを割り切ってでも自分の考えていることを進める意志がお金持ちにはあります。人に迷惑をかけてでもやりたいことは、強い意志を持って進むことがお金持ちになる第一歩なのかもしれませんね。

おすすめ記事


コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。