ペット事故の高額賠償金を救う!今すぐ調べるべきもの3つ【ペットのおかね】

読了目安[ 3 分 ]

飼い犬が知らない人に噛み付いてケガをさせたとか、お友達の家にペット連れでお邪魔したら高級品を壊したとか(・・;) 家族以外の人にペットが損害を与えてしまい、損害賠償請求をされた場合に使える“個人賠償責任保険”について、 賠償金200万円の事例も!ペットが他人をケガさせたら…【ペットのおかね】にて紹介しました。

ただこの保険は通常単品で契約するものではなく、別の保険のオプションになっていることがほとんどです。今回は個人賠償責任保険を契約する方法と、既に契約しているかもしれない補償を探すヒントを紹介します。

ペット保険にも付けられるタイプがあります

ペット保険取扱会社の約半数は、ペット保険にオプションで個人賠償責任保険(特約、以下「特約」省略)を付けられます。

また、アクサダイレクトの『いぬのきもち保険』『ねこのきもち保険』のように、自動車保険での事故対応経験を活かして、ペット保険にも示談交渉サービスを付けるなど、特徴あるサービスを展開している会社もあります。

ペット保険に付けられるタイプの個人賠償責任保険は補償額が500万円や1000万円で、保険料は月100円前後、年間1000円程度のことが多いので保険料もそう高額ではありません。気になる場合は検討してみるとよいでしょう。

火災保険(共済)や傷害保険にすでについているかも!

もしペット保険を契約していなくても、すでに契約している火災保険や傷害保険などの損害保険をチェックしてみてください。そのなかに、個人賠償責任保険が付いていれば、それでペットが起こした損害も補償される場合があります。このタイプは補償額が1億円などと高額なことが多く、より安心感が高いといえます。

ただ、自動車保険についているタイプで“搭乗中の事故”に限定されていると、ペットが車外で起こした損害を補償してもらえないため注意が必要です。

このような条件がなく日常生活上の損害賠償であれば補償されるタイプは、パンフレットの保険金支払い事例に「犬が他人に噛み付いた場合」などと紹介されています。まずは契約した商品のパンフレットを確認してみると良いでしょう。

共済やクレジットカードにもついているかも!

手軽な掛け金なのでなにげなく契約していることも多い共済も要チェックです!
全労済の『こくみん共済』や、コープ共済の『たすけあい』にも最高1億円の個人賠償責任補償をセットできるプランもあるからです。

また、共済でも火災などを補償する大型の商品、例えば全労済なら『住まいる共済』などにも付加されている可能性があります。共済を契約されている方はぜひ確認してみましょう。

クレジットカードも念のためチェックしてみると良いかもしれません。補償限度額100万円程度と小ぶりの保険が自動で付いているかもしれませんし、有料であれば月額100円程度で1億円の補償が付けられるといったオプションを用意していることもあります。

なお、ペット保険と火災保険と共済と…と、個人賠償責任保険が複数あっても保険金はダブルではもらえません。保険料があまり高くないため複数契約していてもお財布はそんなに痛まないかもしれませんが、多めに契約しても、超・高額な賠償請求をされた場合以外は使いきれない枠となります。

安心のため2億円くらい契約しておきたいといった希望があるなら、複数契約しておかれるのももちろん構いませんが、まずはどれか一つでも高額な補償を確保するのが先決です。

<ペットのおかねに関するバックナンバーはこちら>
「契約可能年齢と保険金受取法を学ぶ − ペット保険の選び方1」
「保険開始時期&免責期間に注意 − ペット保険の選び方2」
「割引制度も!お得に契約する方法 − ペット保険の選び方3」
保険会社が破綻したらどうなる? − ペット保険の選び方4」

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。