130~170万は扶養外で手取り減!パート主婦の再就職「本当に得する年収は?」

読了目安[ 3 分 ]

2016年10月から、501人以上の企業で働くパートの方は、社会保険への加入条件が年収106万円以上と変更になりましたね。

社会保険の扶養範囲内になることはメリット?

配偶者控除の対象である「103万円以内で働く」という意味の“扶養内”よりも、こちらの社会保険の扶養範囲内かどうかということの方が、パートで働く女性の手取り額を大きく左右しますので、今回の改正はパート主婦にとっては大きなことと言えるでしょう。

さて、この扶養内で働くかということについては、30~40代になって子育て等が一段落した女性が、再就職する際に気にする点でもありますね。

実際のところ、扶養内で働いた方が良いのかどうか、実例を元にいくつかのポイントをあげながら解説していきたいと思います。

年収130~170万円では手取り額が減少

Aさんは大学卒業後、ある大手金融会社で正社員として事務の仕事をしており、20代後半で結婚、妊娠を機に退職され、以後専業主婦として育児・家事に専念されていました。Aさんが再就職の際に考えたのは、扶養内にこだわらず、育児中に取った資格を活かせる仕事を選び、キャリアアップを目指すということでした。

その結果、再就職1年目はパートですが年収約150万円の仕事が見つかりました。ここでの注意点は、年収150万円だと社会保険の扶養からはずれてしまうことです。一般的に社会保険料の負担を加味しても、手取り額が増えるのは170万円くらいからになります。
(501人以上の企業で働く場合は135万円くらい)年収150万円だと、社会保険料の自己負担のない130万円を少し切るくらいで働いた方が手取り額は多いという逆転現象が起こってしまいます。

手取りは減っても将来の賃金&年金アップにつながる

しかし、Aさんはその仕事で成果を出すことができれば、後々より給与の高い仕事につけると考え、1年目に支払う社会保険料は必要経費と割り切ることにしました。

結果的に、2年目からは同じ会社のより高度な職種に配属され、同じ労働時間で年収は250万円まで上がりました。
また、社会保険料を支払うと老後の自分の年金額が増えるので、良い点とも言えますね。

扶養内にこだわりすぎないこと

Aさんの再就職の成功ポイントは、育児中に有益な資格を取っておいたこと、扶養にこだわらずにキャリアアップできる仕事を選んだことにあると言えそうです。

もちろん、無理をしてキャリアアップを目指す必要はありませんが、ご主人の仕事が永久に安泰と言えないご時世ですので、もしチャンスがあれば扶養内にこだわらずに賃金が上がる可能性のある仕事を探すのも一つの手ではないでしょうか。

おすすめ記事


コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。