節約のはずが…スーパーに行ってお金が貯まる主婦・貯まらない主婦の違い

読了目安[ 5 分 ]

主婦のみなさんは、普段の食事にコンビニではなくスーパーを利用しているはずです。もちろん、その理由は食材が安いからですよね。

食事は日々の生活に密着しているため、食材が安く買えるスーパーの存在は欠かせません。チラシとにらめっこをして、「少しでも節約になるように……。」と戦っている主婦は多いはずです。

ところが、同じスーパーを利用しているはずなのに、お金が貯まる人・お金が貯まらない人に分かれてしまいます。

ちょっとした節約方法を知らなかったり、大した節約にならないとタカをくくってしまうと、せっかく節約のために利用しているスーパーの意味がなくなってしまいます。

そこで今回は、スーパーを賢く利用してお金が貯まる主婦になる基本的な節約術や節約につながる考え方についてお話します。

1.ポイントカードを有効利用

スーパーのポイントカードを持っている人は多いと思いますが、しっかり有効利用できているでしょうか。

あまり気にせずとりあえず支払い時に出しているという方は、もう少し注意してみましょう。

例えば、通っているスーパーでポイント5倍や10倍デーなどの曜日や日がありませんか?

週の食材をまとめ買いする時や、少し高いものを買おうという時はポイントが倍になったり、より増える日を狙って購入したほうが、どんどんポイントが貯まります。

2.現金払いとクレジットカード払いを分ける

節約をすることではなく、ポイントカードのポイントを貯めることが目的になっている人がいます。

本来は、現金払いでポイントカードのポイントがつく利率と、カード払いでカードにつくポイントの利率、どちらがお得になるか計算して活用しなければいけません。

例えば、スーパーのポイントカードが100円毎に1ポイントつく場合、500円分買うと5ポイントつくことになりますよね。一方、クレジットカードの還元セールなどで還元率が1.5%の場合、500円分買うと7.5ポイント貯まります。

このように日によって現金払いとクレジットカード払いを分けて使うことで、よりお得にポイントを貯めることができます。

3.買い物に行く日を決める

「今日の晩御飯何にしようかな?」と、とりあえずスーパーに行き、安そうな食材をぷらぷら探してはいけません。

キャベツ1/4玉、豚肉100gなど、その日に作る料理だけを想定して食材を購入すると、あっという間に1000円を超えてしまいます。この考え方で買い物をすると、簡単に月の食費が3万円、4万円以上になってしまいます。

そのため、スーパーは毎日ではなく週1回行くようにしましょう。しかも行く日は「特売日」が基本です。

多くのスーパーでは曜日で特売を設けているため、近くのスーパーは何曜日に何が安くなるのかを把握しておきましょう。特売日に1週間分の食材をまとめ買いすることが節約の近道です。

4.セール品を中心に献立を考える

チラシで見たお得なセール品を買おうと思ってスーパーに行ったのに、新商品などが目に付くとついつい買ってしまいますよね。

これでは、せっかく節約のために特売日を選んでスーパーに行っても意味がありません。

大切なことは、各スーパーの特徴を捉えて何が安くなるかを見込んでおき、その食材を中心に1週間の献立をある程度考えることです。

つまりある程度安い食材を大量に購入して、しっかり保存ができる準備をしておかなければいけません。

野菜の保存方法、肉類の保存方法はそれぞれ違います。保存方法はまた別途お話しますが、節約で大切なことは大量の食材を効率良く保存して、効率良く使い切ることです。

5.週の予算を決めておく

スーパーを賢く使い、食費を上手に節約するには、料理にも、食材の保存にも、スーパーを安く使う方法にもある程度こなれなければいけません。こなれてくれば、1週間の予算を立てられるようになります。

一人暮らしの私の場合は、食材の予算を週3000円に決めています。ここには、晩酌の缶ビール代やお菓子、飲料も含みます。

近所のスーパーでは、特売日には鶏もも肉100g98円になるので3枚入りを約300円で購入、野菜はキャベツなら1玉170円と玉ねぎ4玉200円など、他に卵10個入り200円、ビール2缶400円、お菓子2種300円なども購入します。

何をどれだけ購入しても、週のまとめ買いは3000円に抑えることで、月々の食費は、外食費や予算から出てしまった分を合わせても、大体2万円以下で済ませることができます。

ちなみに、総務省の調査によると、一人暮らしの食費の平均は4万円弱なので、2万円以下で抑えられれば上出来だと思います。もっと抑えたい方は、週の予算をその分減らして挑戦してみてください。

お財布をきれいに使うことも大切

お財布は毎日使うものです。スーパーによく行く人であれば、財布にレシートが溜まっていきますよね。お金を貯めたいなら、お金の使い方を意識するだけではなく、お金そのものを意識した方が良いでしょう。

財布はお金を管理・保管する道具です。財布が整理整頓されていなければ、お金に対する意識が下がり、お金にだらしなくなってしまうだけでなく、金運が下がってしまうと言います。

お財布の中はいつもスッキリ、レシートは毎日整理して、レシートをとっておくなら別にレシート専用の保管所を作りましょう。以下の財布の使い方やATMの使い方も押さえておきましょう。

参考|お金に好かれる・嫌われる人の違いは?お金持ちになれない財布の使い方
参考|コンビニATMを使う人はお金が貯まらない?各銀行の引き出し手数料一覧

同じカテゴリの記事

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。