ドル105円に回復、今週の予想は?【岡安盛男の初心者でもわかる今週の為替市場】

読了目安[ 2 分 ]

10月第5週の見通し(2016/10/31)

為替アナリストの岡安盛男です。毎週月曜日にお届けしている『初心者でもわかる今週の為替市場』。今週も宜しくお願いします。

「欧米と日本の金利差拡大からのドル円上昇継続」
先週は欧米の長期金利上昇により日本との金利差拡大からドル円は7月以来の105円台を回復しました。
先週発表された英国7-9月期GDP速報値が予想を上回る好結果となりました。ブレグジットによる景気への懸念はこれで払しょくされたことになります。また、赤字決算が予想されたドイツ銀行も黒字決算となったことで金融株を中心に欧州株式市場は上昇。安心感が広がり欧州各国の長期金利が上昇。この動きに攣られ米国長期金利も上昇しドルは全面高となりました。

一方、日銀のコントロール下にある日本の長期金利は依然として0%を下回り、欧米との金利差拡大が意識されドル円は底堅い動きが継続。
週末発表された米7-9月期GDP速報値が2.9%と予想の2.5%を大きく上回ったことでドル円は105円ミドル付近まで上昇しました。ところがその後FBIがクリントン氏の私用メール問題について再捜査するとの報道が流れたことでドルが全面安。ドル円も105円ミドルから104円ミドルまで1円近く下落するなど、市場の流れが一変。この報道がなければドル円は今週の上値を更に試す展開が予想されたことでしょう。

今週は日銀、FOMC(連邦公開市場委員会)、BOE(英国中央銀行)、そしてRBA(豪準備銀行)といった金融政策会合が開かれます。また、週末には米雇用統計が発表されるなど、重要イベントが続きます。今回の会合ではそれぞれが現行の金融政策を維持すると予想され、市場への影響は限定的とみることが出来ます。

今週は俄かに巻き起こった大統領選挙への不透明感がいつ払しょくされるか注目が集まります。これまでクリントン氏のメール問題は何度か取り沙汰されましたが、最終的に不起訴という結果に終わっています。今回も同様の結果となればドル円は再び上昇に向かうとみて良いでしょう。反対に、もし訴訟されるようならトランプ氏優勢となりドル安・円高リスクが再燃することになりますが、その可能性は低いとみます。

中国は共産党6中全会が終了し今後景気下支え政策への期待が高まります。原油価格は来月のOPEC総会まで紆余曲折はあるものの、底堅い動きが継続されるとみられます。欧州でも全般に不安材料が後退しているだけに、市場全体の楽観的なムードは継続されそうです。大統領選挙の不透明感だけが今のドル円の下落リスクとして残ります。
このメール問題で全体のポジションが軽くなった分、次にドル円が上昇する時は一段の上値106円台を試す展開が予想されます。

【岡安盛男の初心者でもわかる今週の為替市場】、来週も宜しくお願い致します。

同じカテゴリの記事

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。