年末に株が急上昇⁉︎「今のうちに株購入しておきたい」注目の企業7つ

読了目安[ 4 分 ]

2016年も残すところあと3か月をきり、クリスマスやお正月などイベントが盛りだくさんな年末を迎えます。日頃は堅い財布のヒモが緩むこの時期は、消費拡大を願う企業にとっても特別な季節。

そんなイベント商戦に強みを持ち、年末のこの時期に株価上昇が見込まれる企業を選りすぐって紹介します。

外食産業:カカクコム、ぐるなび

クリスマスを外で過ごすなら、お店選びは重要ですね。「食べログ」を運営している比較サイトの『カカクコム(2371)』は2014年10月につけた、1株あたりの最高値1594円が、同年12月には1914円となり、上昇率は約20%になっています。2015年になると10月に最高値が2277円だった株価は12月には2473円となり約8%上昇しました。

また、『ぐるなび(2440)』も2014年10月の最高値1535円が、同年12月には1828円となり約19%の上昇。2015年では10月の最高値2430円が12月には2772円と約14%上昇しています。年度によって差はあるけれど、大なり小なり株価が上昇しているのは魅力的だといえるでしょう。

ケータリング・洋菓子:柿安本店、不二家

おうちでゆっくり過ごすクリスマスなら、お総菜やケータリングの利用が楽チンです。精肉店の老舗で、百貨店でもお肉や惣菜を販売している『柿安本店(2294)』の株価は、2014年10月につけた1株あたりの最高値1690円が、同年12月には1930円と約14%上昇し、2015年では10月の最高値1945円が12月には2030円と約4%上昇しています。

お土産用に不二家のクリスマスケーキも人気がありますね。『不二家(2211)』の株価は、2014年10月につけた1株あたりの最高値199円が、同年12月には212円になり約6%上昇し、2015年の10月には最高値197円が12月には206円と約4%上昇しています。

比較的緩やかな株価の上昇ですが、不二家の株を権利確定日(2016年の場合は12月27日)まで保有すると、自社製品・喫茶・料理で使える優待券が条件付きでもらえます。1000株以上5000株未満の保有だと、500円の優待券が6枚もらえるので、毎年3000円のホールケーキ1個がプレゼントされる計算です。値上がりの期待に加え株主優待も楽しみのひとつとなりそうです。

『ケンタッキーフライドチキン』と『ピザハット』も、年末年始に人気がありますよね。『日本KFCホールディングス(9873)』の株価を調べてみたら、イメージと違い残念ながら変化が見られずビックリしました。投資するにはイメージではなく下調べの時間が大切だな。と、改めて感じた次第です。

プレゼント・年賀状など:ザ・パック、キタムラ、青山商事

百貨店や専門店向けに紙袋を開発・販売している『ザ・パック(3950)』はプレゼント需要が多く見込まれる冬のイベント時に売上が増える傾向にあります。

また、写真専門チェーン店の『キタムラ(2719)』は、ネット経由のプリントや年賀状の受注により年末年始に売上が増える傾向にあります。洋服の青山でおなじみの『青山商事(8219)』など、冬のボーナス支給が消費拡大のきっかけとなって株価が上昇している企業もあります。

「麦わら帽子は冬に買え」という格言は、周りの人が注目する前に株を購入しなさいという例えです。年末年始のこの時期だからこそ、毎日の生活から注目の企業を見つけることができるのかもしれませんね。

※筆者及び当メディアはここで紹介した株を推奨しているわけでなく、直近のマーケットを分析・解説しています。購入する場合は自己責任でお願い致します。

おすすめ記事


コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。