カード会社はススめるけど…41万も多く払う「リボ払いの落とし穴」

読了目安[ 5 分 ]

【PR】
普段から買い物の支払いにクレジットカードを利用している人は多いでしょう。クレジットカードは、ポイントが貯まる、明細書があるので家計の管理がしやすいなどのメリットがあります。

ただし、クレジットカードを利用する際に気をつけてほしいのが「リボ払い」です。一見、便利な機能のように感じますが、実はとても危険な支払い方法なのです。

「リボ払い」の仕組みを理解する

「リボ払い」はいくら購入しても、1万円などの毎月一定の金額のみ支払いしていくので、利用し続けると元金はなかなか減らず、支払い終了時期の把握が難しいばかりでなく、完済までの手数料は膨大になります。なぜなら、リボ払いは利用残高の全体に実質年率9.6%~18%の手数料がかかっていく仕組みになっているからです。上限の18%になっていることが一般的です。

最初は「一括払い」にしたとしても、「後からリボ」にできるというような誘惑メールに囚われてしまうのも注意が必要です。

リボ払いから脱却する対策方法

リボ払いを続けると返済期間は長期化し、支払いは手数料に割り当てられるため元金はなかなか減らず、気がつけばリボ払い残高が高額になり借金地獄に陥る危険があります。現在リボ払いをしている人は、金利が非常に高いため1日でも早くリボ払いを完済することをおススメします。

まずは親戚にお金を借りて完済するのが対策の一つです。ただし、親戚間でもお金を借りる場合には借用書を交わすことは大切です。
親戚には借りづらいという人は、リボ払いよりも若干利率が低いカードローンに借り換えるという選択肢があります。

カードローンもお金を借りているという点では同じですが、リボ払いに比べると低金利です。例えば三菱東京UFJ銀行のカードローンは年利1.8%~14.6%(2016年9月現在)です。

カード会社はススめるけど…41万円損する「リボ払いの落とし穴」

リボ払いとカードローンの手数料をシミュレーションして比較

50万円の高級ブランドのバッグをリボ払いで買い物したという36歳女性OLの方を例に、リボ払いした場合(A)とカードローン(14.6%(B)と1.8%(C))で借入れした場合の手数料を比較してみましょう。

カード会社はススめるけど…41万円損する「リボ払いの落とし穴」
※借入金額:50万円、返済元利金:1万円
→→返済金額だけでなく、支払い期間にも差が!?

・パターンA(リボ払い 年利18%)

【リボ払い(元金定額方式)】
返済回数:50回
利息:19万1250円
返済総額:69万1250円

【リボ払い(元利定額方式))】
返済回数:94回
利息:43万1021円
返済総額:93万1021円

・パターンB(カードローン 年利14.6%)

【カードローン(元金定額方式)】
返済回数:50回
利息:15万5108円
返済総額:65万5108円

【カードローン(元利定額方式)】
返済回数:78回
利息:27万5050円
返済総額:77万5050円

・パターンC(カードローン 年利1.8%)

【カードローン(元金定額方式)】
返済回数:50回
利息:1万9215円
返済総額:51万9125円

【カードローン(元利定額方式)】
返済回数:78回
利息:2万109円
返済総額:52万109円

元金定額方式(元金部分の返済金額が固定+手数料)、元利定額方式(毎月の返済額は手数料を含めた一定の金額(元金+手数料))の2つの方式を比較すると、元金定額方式の方が手数料は安くなることが分かります。そして、リボ払いとカードローンの比較ですが、利息(手数料総額)が大きく異なるのがおわかり頂けるでしょう。

カードローンの方が、年利:14.6%の場合(パターンCとの比較)、元金定額方式だと約3万6000円、元利定額方式だと約15万6000円お得に、そして年利:1.8%の場合(Bとの比較)、元金定額方式だと約17万2125円、元利定額方式だとなんと41万912円お得になります。
→→詳しいお得内容はこちら

支払う利息で比較!

支払う利息で比較!
→→利息だけではない!返済期間にも大きな差が!?

低い金利に乗り換えることで、支払う手数料を少なくすることは、大きな得策です。
ただし、リボ払いであろうが、カードローンであろうが、どちらも借金をしていることは事実です。速やかに返済できるよう、スケジュールを綿密に立てて借り入れを実行しましょう。

銀行に預金しても年利1%にも満たない低金利時代に、投資信託などでお金を増やそうと頑張っても、年率が高い借金を利用していては本末転倒です。
止むを得ずお金が必要になった時には、できる限り低い利率で借りられる方法を検討しましょう。

【PR】

おすすめ記事


コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。