JR九州初値は3100円!急騰〜下落まで「上場後の株価予測レポート」

読了目安[ 4 分 ]

本日JR九州がついに上場し、初値は3,100円で公開価格2,600円を19.2%上回る結果となりました。さて株価はこの後どうなるんでしょうか。今後の動きが楽しみです。

今回は、最近、上場(IPO)した株がその後にどのような動きをしているのか見ていきましょう。

先日の記事 JR東・西日本は上場後株価2倍!「JR九州IPO申込開始」やっぱり買い? で、IPOは儲かりやすいとお伝えしました。IPO株が抽選になるのは、利益を得やすいから。そうはいっても必ず儲かるとは限りません。そして、抽選に当たって購入できても、売却するタイミング次第で利益どころか損失になるケースもあります。

2016年のIPO銘柄をピックアップ

2016年のIPO銘柄について、いくつかピックアップしてみました。はてなやLINEなどの有名どころから、あまり名前を聞いたことのない会社も混ぜています。
2016年のIPO銘柄、マネーゴーランド
※現在値は、2016年10月21日終値

この表を見ると、IPOで稼ぐために一つ重要なことが見えてきます。読者のみなさまも答えを見る前に、自分なりに傾向を読み取ってください。

答えは、「上場する市場によって変動幅」が違うということ。絶対とは言えませんが、市場規模の大きい東証1部に上場したIPO銘柄の値上がり率は低め。東証1部に上場した場合は、公募価格や初値価格か横這いが多く、大きく値上がりや値下がりをしていません。

ところが、東証マザーズやジャスダック(JQS)だと、値動きが大きくなります。図表にあるストライクや農業総合研究所は、わずか半年の間に、株価が2倍以上の急騰を見せています。もし、公募価格で買うことができれば2倍以上の儲けを得られたということになりますね。IPO銘柄が宝の山と言われる理由はこれです。

●公募・初値・現在値を並べて見ました
2016年のIPO銘柄の公募・初値・現在値、マネーゴーランド

ストライクは、公募・初値・現在値がホップ・ステップ・ジャンプのように右肩上がり、農業総合研究所も同じ形。

逆にブラスやフィットは、残念ながら下落傾向となり、現在値は公募価格を割り込んでいます。凄いのはグローバルウェイという株、公募価格の2,760円に対して初値は14,000円と4倍の急騰を見せています。公募時に100株を27万6千円で買い、初値の140万円で売るだけで110万円以上の利益。こんなことがあるからIPO株投資は止められません。

そして、もう一つ、見て頂きたいのが富山第一銀行。富山県の第二地銀として、1944年に設立してから、70年以上も運営している老舗企業。この銀行が2016年3月15日に上場しました。ただ、投資家の立場からすると、大きな魅力は何でしょうか。ネットバンクのような新規サービスを提供する銀行ではありませんし、業種的に爆発的な成長する可能性は読み切れません。一方、企業としての安定感は高いので、リスクは少ないですね。
結果、公募価格・初値・現在値の3つに波がありません。IPO銘柄といっても、時には、安定志向の会社もあります。

このように、一口にIPO株といっても様々な会社があります。IPO株を申し込むときは、目論見書・会社の評判・評価を自分で調べてみるようにしましょう。
その他、初値が良いと、その後の価格趨勢が期待されていますね。一概には言えませんが、傾向を踏まえて、余裕資金での投資が検討されます。

引き続き、宜しくお願い致します。

おすすめ記事


コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。