少しの差なのに…仕事で成功のチャンスを逃す残念な性格とは?

読了目安[ 4 分 ]

あなたが仕事で成功するためのポイントは、チャンスを掴めるかどうかです。

大きな仕事を成し遂げた人は、絶好の機会が巡ってきたときに、必ずそのチャンスを掴んでいます。

しかし、世の中にはチャンスを上手く掴めないことで、活かしきれない人もたくさんいます。せっかくのチャンスも掴むタイミングを逃し続けていると、いつまでも現状を変えることができません。

今回は、仕事の現状を今すぐ変えたいあなたのために、チャンスを逃す人にどのような性格の特徴があるのかまとめてみました。

チャンスを逃す性格1.発言の意図を考えない人

そもそもチャンスを逃す人というのは、チャンスに気づけない人でもあります。

例えば、上司が「これやっておいてくれないか。」と自分の仕事とは関係がない雑用をお願いしてきたとします。このような普段の何気ない会話にもチャンスは潜んでいます。

上司の何気ないお願いを「これで自分も上司に対して1つお願いができる。」と捉えて高いクオリティで作業を仕上げるのか、「面倒な仕事だ。」と捉えて適当に作業を行うかで、その後の恩恵が変わってきます。

同じ雑用のお願いでも、「自分の作業を減らすためにお願いしている」のか「本当に緊急の用事で手が離せない状況のお願い」なのかをきちんと見極めたり、そのお願いが上司にとってどの程度の意味を持つのかを考えましょう。

相手の発言の意図をふかく考え、的確に行動を起こすことで、相手からの印象も大きく変わるはずです。

チャンスを逃す性格2.ネガティブ思考な人

あなたが現在置かれている状況がとてつもなく悪い状況だと感じたら、翻って実はチャンスなのかもしれません。

会社が合わない、上司との関係が上手くいかない状況だと、どうしても「自分が認められないのは環境が悪い。」と悲観的に考えてしまいます。

コップの水理論を知っているひとであれば、考え方を変えて「転職のチャンス」と捉えることもできます。

コップに「半分入っている」と「半分空である」とは、量的には同じである。だが、意味はまったく違う。とるべき行動も違う。世の中の認識が「半分入っている」から「半分空である」に変わるとき、イノベーションの機会が生まれる」

引用|イノベーションと起業家精神|P・F・ドラッカー著

自分が遭遇する状況には、必ず2つ(以上)の意味があります。その中から、最もポジティブな選択をした人は、その後にチャンスを活かせたことになるのです。

上記の場合、「自分が認められないのは環境が悪い。」と考えるのではなく、自分にあった仕事や尊敬できる上司のいる会社に転職できるきっかけかもしれないと考えれば、チャンスがたくさんあることに気が付きます。

チャンスを逃す性格3.優しすぎる人

チャンスを的確に掴む人は、とにかく行動し、要求をする人です。

ところが、優しすぎると要求をすることができないだけでなく、行動を起こすことができず、チャンスを逃すことがあります。

もしあなたが結婚をして子どもがいるならば、1番に考えることは家族をしっかりと養っていくことです。

例えば、「私が辞めたら会社は困るだろう。」「今の仕事ではお金をもらいすぎている。」と考える人は、家族を守ることを忘れて、会社の未来や経営層に対する心配をしてしまっています。

もちろん、責任を持って仕事をすることや対価に見合った仕事をすることは大切ですが、それが適切かどうかを判断するのは、会社の仕組みや上司です。

あなたは、あなたの1番大切なことに集中して、取るべきところで適切な行動を起こしてチャンスを掴んでいかなければいけません。

チャンスを逃さないために常に意識した思考

世の中には、発言の意図を考えない、ネガティブ思考、優しすぎるという人がたくさんいます。

つまり、これらを意識して実際に自分の性格に落とし込むことは、簡単なように思えて実はとても難しいことなんです。

思考を変えるためには、3か月間意識を継続して考え方の根本を組み替える必要があります。

今から常に意識した思考をモテるように行動して、3か月後に考え方の根本を変えることができれば、きっとこれまでよりも多くのチャンスを掴む性格に変わっていることでしょう。

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。