最高は驚きの27%!「消費税が高い国&低い国」ランキング

9

読了目安[ 3 分 ]

2016年10月現在、日本の消費税は8%。さらに延期にはなりましたが、平成31年10月に10%とする旨を政府は表明しています。高い…。そう感じてしまう方も少なくないでしょう。

では、ほかの国の消費税はどうなのか。今回は消費税の高い国、低い国について、財務省のウェブサイトに掲載されていたデータ(2016年1月)をもとに、ランキング形式でご紹介します。なお今回は食品などを対象とした軽減税率ではなく、標準税率をベースにしたランキングです。

消費税の高い国ランキング

1位 ハンガリー(27%)
2位 デンマーク・スウェーデン・クロアチア・ノルウェー(25%)
6位 フィンランド・アイスランド(24%)
8位 ギリシャ・アイルランド・ポーランド・ポルトガル(23%)

ヨーロッパ諸国が軒並み高く、堂々の1位はハンガリーです。驚異の税率27%でもちろん税率は品目によりますが、塩分・糖分の高い食品に課税する「ポテトチップス税」が導入されていることからも税収に対する意識の高さがうかがえます。

また2位のデンマーク、スウェーデンは福祉先進国として有名で、学費や医療費等がすべて無料になるなど、国民は恩恵を感じているようです。ただし平均所得税はかなり高いことで有名ですが。

多くの国では軽減税率制度を導入しており、生活に関わる水道や交通、食料などにはゼロから数%程度の税率となっていることが多いです。

消費税の低い国ランキング

では、消費税の低い国はどうでしょう。

1位 台湾・カナダ(5%)
3位 マレーシア(6%)
4位 タイ・シンガポール(7%)
6位 日本・スイス(8%)
8位 オーストラリア・韓国・カンボジア・インドネシア・ラオス・ベトナム(10%)

上記のような結果です。アジア諸国が多くを占めており、日本も6位にランクイン。日本の消費税率が決して高くはないことが分かります。

なお、アメリカは州、郡、市により小売売上税が課されています。例えばニューヨーク州及びニューヨーク市では合計8.875%。またブルネイには付加価値税がありません。

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。