申立てに100万円かかる?知られざる「自己破産の基本&実態」

読了目安[ 3 分 ]

過払い金請求や借金相談を促す弁護士事務所や司法書士事務所のCMが日々流れていますね。自分に関係ないと思っていませんか?

借金返済が厳しくなるリスクは誰にでもついて回ります。そしてどんな対策を講じても難しいとなった時には「自己破産」という最終手段を選ぶことになるのです。

自己破産とは?かかる費用は?

自己破産とは借金整理の1つの手段で借金を法的に免除してもらう方法です。この場合、生活必需品と最小限の財産以外はすべて失います。場合によっては未来の退職金の一部も失うことになります。

実はあまり知られていませんが、自己破産するにも費用がかかります。まずは、裁判所にかかる費用ですが、これを「予納金(よのうきん)」といい、まったく財産がなければ、1万円~3万円で済みます。処分できる財産がある場合、裁判所は自己破産申立者の財産を調査したり財産を換価したりする「管財人(かんざいにん)」を選出します。その費用は20万円~50万円です。

また、手続きを自分でやるのは煩雑であるのと、債権者との交渉もあるため、弁護士に依頼するのがほとんどです。その場合、28万円~35万円(東京都の相場)を払うことになります。つまり自己破産の申し立てをすれば借金の請求は止まりますが、費用の捻出のための準備は必要となってくるのです。まったく財産がなくても、自己破産にかかる費用は約80〜100万円かかります。

自己破産予備軍はこんな人

以下に当てはまる人は借金返済が滞り事故につながる可能性があります。

・毎月の収入が大幅減少した
・借金返済で貯蓄が全くできない
・収入と支出の管理ができない
・将来の金利上昇リスクを認識しないまま住宅ローンを借りている
・返済期間が就労期間より長い
・引き落とし日を守れない
・キャッシングやリボ払いを多用している

自己破産すると周囲に知られる?家族への影響は?

自己破産で、持っていた財産のほとんどを失うことは大変つらいかもしれませんが、自己破産自体が直接的に家族へ影響を及ぼすことはありません。大物政治家や芸能人でなければ、自己破産したことを世間へ知れ渡ることはないのです。なので、配偶者や子供の名誉を傷つけることもありません。子供の進学や結婚に影響を及ぼすこともないのです。

自己破産後の生活で困ることは?

ただし、自己破産を申し立てるとそれぞれの債権者が加盟している信用情報機関(CIC・KSC・テラネットなど)に事故として登録されます。また、官報公告情報(PRIS)にも登録されます。登録される期間は最大7年、PRISは最大10年となっています。その間はクレジットカードの利用、新たにお金を借りることは難しくなります。クレジットカードがないと不便なら、使用と同時に即時に口座から引き落とされるVISAデビットカードなら作れます。

個人信用情報機関の登録が抹消されるまでの一定期間は、保証人になれませんので、子供が自動車をローンで購入する時や、一人暮らしの賃貸契約時にはご注意ください。

自己破産後は、生活していく上ではさほど不便ではありませんが、いつもニコニコ現金払いを心掛けることにはなります。クレジットカードありきの生活をしている方は大変ですね。しかし、大事なことは、自己破産になろうがなるまいが、身の丈にあったお金の使い方を取得する訓練は日々しなければならないということです。

万が一借金等で困った際は、知らない人は破産地獄へ…「借金返済に困ったとき」無料相談窓口 を参考にしてみてくださいね。

同じカテゴリの記事

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。