トランプ候補の暴言で株価暴落⁉︎ 「米大統領選挙と為替」考察レポート

1

読了目安[ 3 分 ]

米大統領選挙(*)は、いよいよクライマックス。クリントン候補とトランプ候補が互角の争いを繰り広げています。これから、11月8日の本選挙投票日に向けて盛り上がること必至。

その中で、トランプショック・市場が暴落という噂が飛び交っていることをご存じの方は多いと思います。

クリントン候補が当選した場合は、為替相場や株式相場への影響は少ないでしょう。民主党の現職オバマ路線を継続しますし、共和党が大勢を占める議会との対立もあり、大きな変化をもたらしにくい大統領になりそう。変化がないということが人気のない理由という皮肉な現状。

トランプ大統領で市場がパニック?

一方、トランプ候補が当選した場合、世界中で戦争が起きる・株価暴落するなどというパニック系のニュースが出ています。でもちょっと待ってください。トランプショックや過激な発言は、トランプ候補に反対する米メディアが過剰に騒ぎ立てた面があるから、割り引いて考える必要があります。

メディアの言いなりでは、投資の世界で生き残ることができません。ここは冷静にトランプ候補を見ておきましょう。

和迫る米大統領選挙!トランプ大統領が誕生すれば、株式・為替は暴落する?、マネーゴーランド

トランプ候補は暴言で注目を集めるだけ!

まず、トランプ氏は、頭が良く大衆に受ける発言を良く分かっています。代表的な例は、「麻薬や犯罪を持ち込む不法移民を止めるためにメキシコ国境に壁を作り、メキシコにその費用を払わせる」という発言でしょう。

ところが、実際に、メキシコのペニャニエト大統領と会談した時、メキシコ側は壁の費用を負担しないと伝えたのに対して、トランプ氏は、費用については話さなかったと説明。これ、どちらがウソをついていると思いますか?

ウソつきは、明らかにトランプ氏の方。つまり、トランプ氏は、過激発言を実行する気はないということ。過激な発言はするけれど、相手に合わせて柔軟に引っ込めることをしてくるでしょう。もともと、彼は政治家ではなく、不動産を中心にしたビジネスマンにしてエンターテイナー。信念を持っている政治家よりも柔らかい頭を持っていても不思議ではありません。

<*用語解説ワンポイントレッスン>
本日のワード:米大統領選挙
四年間に一度、実施される米国の大統領を決める選挙。世界最大の大国であるアメリカのトップを決める選挙だけに、世界中の関心を集める。11月8日が今回の選挙における投票日で、就任式は2017年1月20日。

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。