FP2級を独学で取得「出題分野と勉強法は?」ダメ主婦からFPへ

10

読了目安[ 4 分 ]

仕事にしたいなら2級を目指そう!

ファイナンシャルプランニングの知識は、税金や社会保障、年金、不動産など幅広く、私たちの暮らしに欠かせないもの。知らなければ困ってしまったり、損をしてしまったりすることもあります。

自分の生活に活かすためであれば、FP3級でいいでしょう。ただ、いずれ資格を活用して仕事につなげたいという人は、2級を目指すことをおススメします。筆者自身は通信講座を利用して、3級は受けずに2級の勉強を始めました。

3級を受けない代わりに「提案書」の作成が必須となっていたのですが、初心者がいきなり作れるようなものではありません。とはいえ、ひと通り勉強した後、手順に従って作成することで、これは何とかクリアできました。

勉強方法は、DVDを聴き、ひたすらテキストを読み込むことを繰り返しました。選んだ講座のテキストは、イラストがあったり図解されていたりして、ほぼ知識のない筆者でも比較的勉強しやすいものだったと思います。

勉強を続けるコツは、自分が学べそうな教材や講座を選ぶ…ということかもしれません。通信講座はいくつかあるので、各会社のサイトで確認するといいでしょう。

FP3級取得に必要な6分野は?

試験を受けるために勉強する必要があるのは、ライフプランニングと資金計画、リスク管理、金融資産運用、タックスプランニング、不動産、相続・事業継承の6分野。具体的には次の(1)〜(6)に該当します。

(1)ライフプランニングと資金計画
ライフプラン、社会保険、年金(公的年金、企業年金、個人年金)など

(2)リスク管理
リスクマネジメント、保険制度全般、生命保険、損害保険、第三の保険など

(3)金融資産運用
マーケット環境、金融商品、投資信託、債券・株式投資、外貨建商品など

(4)タックスプランニング
税制、所得税、住民税、事業税、法人税、消費税など

(5)不動産
不動産取引、不動産に関する法令、税金、不動産の賃貸、最新の動向など

(6)相続・事業承継
贈与、相続、相続と保険、事業承継対策など

パッと見た感じは難しく感じるかもしれませんね。でも生活に密着しているものが多いので、勉強を始めてみると、すこしずつ興味が持てるようになってくると思います。

FP試験の概要・合格基準は?

試験については、筆者自身が受けた日本FP協会の場合でご紹介します。2級の場合、年に3回試験が実施されますが、筆記試験(60問・マークシート)と実技試験(40問・記述)の2つを受験する必要があり、合格基準は6割以上となっています。

受験資格は、3級FP技能検定の合格者、日本FP協会が認定するAFP認定研修を修了した者、FP業務に関し2年以上実務経験がある者などとなっています。初めてFP資格を目指すなら、一つ目か二つ目のどちらかかが候補になるでしょう。

<ダメ主婦からFPへシリーズ>
ダメ主婦からFPへ「お金に無縁の私がFP資格取得を目指したワケ」
【3分でわかるFP資格解説】ダメ主婦からFPへ「FP種類一覧&対策法」
ダメ主婦からFPへ「家事と両立できる勉強法&超えるべきハードル」

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。