賠償金200万円の事例も!ペットが他人をケガさせたら…【ペットのおかね】

1

読了目安[ 4 分 ]

ペットを飼っていると、噛みついたり引っかいたりしてけがをさせたり、ものを壊したりする心配があります。犬だけでなく猫や鳥など他の動物も、落としたり、かじったりと侮れません。人にけがをさせるだけでなく、高級ブランドのバッグに穴をあけたり、盛大にバリバリ引っかいてボロボロにしてしまったり…。

自分や家族だったら「コラ!」と叱ってしつける流れでしょうけれど、他人の体や物はそれだけでは済まず、治療費などの損害賠償をせまられる可能性があります。

実際、平成15年には、公園で犬が人に噛みついた事件で、治療費に加えて、仕事ができずに減った収入の穴埋め、噛まれた人が飼っていた犬を預ける費用(ペットホテル等でしょうか…)などを含め200万円を超える賠償金が裁判で認められた例もあります(名古屋高等裁判所)。

賠償責任保険で対処する方法も

もしもそんな請求をされたら大変な負担ですが、ここで役立つのが「個人賠償責任保険」です。この保険は“他人”に損害を与えてしまい、“法律上の賠償請求”をされたときに、補償額の範囲内で、保険会社が賠償金額分の保険金を払ってくれるという商品です。自分のペットが他人に損害を与えてしまった場合は、自分が契約している保険から支払われた保険金を元に、被害者に賠償を行うという流れが基本になります。

実際に自分のペットが他人に損害を与えてしまった場合、保険を使うためには以下のようなポイントがあるので注意してください。

(1)相手は“他人”ですから家族は対象外です。
(2)相手から“損害賠償請求”があった場合が保険の対象のため、被害を受けた方から治療費などの損害額を証明できるものを提示していただく必要があります。

ペットが誰かに損害を与えてしまったときはすぐ保険会社に連絡し、どうしたら良いかアドバイスをもらいましょう。損害状況の確認のために写真を撮ったり、用意する書類などを指示してもらえるはずです。

基本はお互いに注意すること

最後に、保険を契約しているから何かあっても賠償金が出るといって、ペットを自由に放したりして良いわけではありません。リードをつけたり柵を作るなど、飼い主としてのちゃんとした管理が大切です。これをしていないせいで事故が起こった場合、飼い主としての責任を法的に問われることにもなりかねません。

また、他人のペットと接触する場合も、自分の身の安全に気をつけることが大切です。先の裁判でも、「噛まれた人は大型のパンを多量に携行して、犬の興味を惹きやすい行動を取っていることを自覚し、犬の行動範囲に入らず、入る場合は細心の注意を払うべきであった」なんて言われて、本人の過失2割ということで賠償額を割り引かれていました。

基本は、お互いに注意するのが大事ですね。

<ペットのおかねに関するバックナンバーはこちら>
「契約可能年齢と保険金受取法を学ぶ − ペット保険の選び方1」
「保険開始時期&免責期間に注意 − ペット保険の選び方2」
「割引制度も!お得に契約する方法 − ペット保険の選び方3」
保険会社が破綻したらどうなる? − ペット保険の選び方4」

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。