合格率3%の難関資格!知られざる「夜景鑑賞士1級」勉強法その1

1

読了目安[ 3 分 ]

前回の夜景鑑賞士に関するコラムの反応が良かったので、この場を借りて、私が夜景鑑賞士1級合格までの道のりを具体的に書いていきます。

秋から始める自己投資!全国で22名しかいない「夜景鑑賞士1級」攻略法
秋から始める自己投資!話題いっぱい「夜景鑑賞士」のメリット&勉強法

2級対策

繰り返しになりますが、3級・2級の対策はまったく一緒です。そして2級を受からなければ1級は受けることができません。必ず2級をエントリーしてください。

2級は最新のテキストを購入し、今から読み込みをしてください。けれど人間そんなに根を詰めて集中はできません。気軽に楽しみながらぼんやりで大丈夫です。そして1ヶ月前あたりから前回紹介させていただいた、『ドリル学習サイトDriller(ドリラー)』内にある、日本夜景遺産事務局『夜景鑑賞士検定・過去問題集(2級)』という問題集を購入し、何度も繰り返してください。

この問題を繰り返すか繰り返さないかで合否はほぼ決まります。おそらくその問題から9割近く同じような問題が出ることが予想されます。何回かやって平均的に90点くらいを超えてればきっと受かります。(新しい夜景スポットだけは問題集は更新されていないのでそこは注意が必要です。)

2級はWebテストで誰も見ていないからといって、決して、決してカンニングなどはしないで自分の力で合格を勝ち取ってくださいね(笑)

1級対策

問題は1級です。私は3回目で合格したのですが、1回目は何もできずに撃沈。2回目は傾向がわかった上で対策したのに借敗。3回目にはさらに細かい対策を武装してギリギリ合格といった感じでした。

決して高くない受験料。そしてあまり好きではない受験勉強。正直二度とやりたくありません(笑)
1級テキストは2級合格後、1級を申し込むとテキストが送られてきます。テキストはなかなかシンプルな作りでかわいいです。対策は残念ながら暗記が中心、いや、「日本の夜景データ暗記王座決定戦」と名前を変えてもいいような内容です。

ただし、文字のみのマークシート問題なので、2級のような夜景の写真を見せて、ここはどこ?というような内容は出てきません。←ここ重要です。夜景の知識という意味ではとても素晴らしいことですが、受験に合格するという観点からいうと無駄な作業はなるべく避けるべきですので。

久々に熱く語っていたら字数が足りなくなりそうです。暗記などの対策は次回のコラムで!

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。