イニシャルKは百発百中⁉︎ 「宝くじに高額当せんする人」共通点

読了目安[ 3 分 ]

1等が当たれば3億円が手に入る宝くじは非常に魅力的ですよね。サラリーマンの生涯年収が3億円と言われる中で、その生涯年収を一度にして手に入れることも可能なのです。

そのようなラッキーな人には、とある傾向があります。今回は、『宝くじ公式サイト』掲載の宝くじ長者白書を元に、宝くじに高額当せんした人の共通点を調べてみました。

1:女性より男性

宝くじに高額当せんしている人の性別は、女性よりも男性が多いことがわかっています。その数字は65.2%と、高額当せん者の約3分の2は男性です。全体的に男性の方が宝くじの購入枚数が多いことも関係しているかもしれませんね。

2:会社員

宝くじ高額当せん者の実に37.4%の人が会社員。毎朝、満員の通勤電車に乗っているサラリーマンから、突然自由に満ちあふれた世界の住人になったということですよね。宝くじと聞くと、とんでもないラッキーな人が当せんするイメージですが、一般的な会社員でも当せんするのですね。やはり宝くじには夢があります。

3:宝くじ購入歴10年以上

世の中には「継続は力なり」という言葉もありますが、宝くじで高額当せんをした人は、購入歴が10年以上という人が圧倒的に多く、その数はなんと66.2%。こちらも全体の約3分の2と聞くと、無視できないデータですよね。

初めて購入して高額当せんした人はわずか3.1%。宝くじを買う目的として、夢を買いたいという意見をよく耳にしますが、夢を買うためにも継続することが大切と言えるでしょう。

4:イニシャルK

最後に、宝くじに高額当せんする人のイニシャルについてですが、Kがつく人が多いのです。例えば、男性で最も高額当せんをしたイニシャルは「T・K」で、女性は「K・K」が最も多く高額当せんしていました。

これらのデータを見ていると、高額当せんしている人の傾向を読み取ることができておもしろいですよね。ぜひ、これらのデータを元に、宝くじを買ってもらえたらと思います。

<宝くじの当選確率を上げる!おすすめ関連記事>

億万長者を目指せ!「宝くじに当選する人」4つの共通点
宝くじ当選確率が上がる⁉︎ 「購入から抽選までにやるべき事」3か条
億万長者の仲間入り!高額当選を毎年輩出「伝説の宝くじ売り場」4選
当せん者が通される「億の間」は実在する?宝くじ都市伝説4つの真実
当選金1億円でも手元に残るのは半分…⁉︎ 税理士が解説「宝くじと税金」

同じカテゴリの記事

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。