66.4%がリスク大!「パスワード使いまわし」による事件全貌&対策は?

読了目安[ 2 分 ]

買い物も銀行もなんでもネットでできる時代になり、それと同時に増えていくのが、それぞれのサイトにログインする際に必要となる、IDとパスワード。

つい同じものを設定したくなるものですが、そんなパスワードの使いまわしは、思わぬ事件に巻き込まれる危険性があります。

パスワードを使いまわしている人は6割超え

『マネーゴーランド』では、全国の男女1,303名に「パスワードに関するアンケート」を実施。

その結果、パスワードを使いまわしている人は、なんと66.4%もいることが判明しました。さらに、使っているパスワードの数については、「3〜5種類」が最も多く44.4%で、次いで「2種類(21.0%)」となり、5種類以下を合わせると75.1%にも上り、不正ログイン経験者は11.5%もいることがわかりました。

Q1:パスワードの使いまわしをしていますか?
パスワード使いまわしによる事件全貌と対策、マネーゴーランド意識調査

Q2:何種類のパスワードを使っていますか?
パスワード使いまわしによる事件全貌と対策、マネーゴーランド意識調査

Q3:自分のアカウントに不正ログインされたことはありますか?
パスワード使いまわしによる事件全貌と対策、マネーゴーランド意識調査

パスワードの使いまわしで起きる問題

では、パスワードを使いまわすことで事件が起きるのはなぜなのでしょうか?
それは、複数のサイトで同じIDとパスワードを使っていた場合、そのうちの一つのサイト、サイトAで情報流出が起こると、悪意ある第三者が「サイトAで手に入れたIDとパスワードを、サイトBでもCでも使ってみよう」となるから。しかもショッピングサイトに不正ログインされクレジットカード情報も不正取得されると、それによって不正使用され、金銭の被害も起きてしまうのです。

使いまわししない、おすすめパスワードの設定方法は次のページへ

同じカテゴリの記事

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。