年収アップに大きく影響!社会で生き抜く「柔軟力」セルフチェック

1

読了目安[ 4 分 ]

社会人が身につけておくべきスキルを、クイズ形式で学んでいく本シリーズ。今回のテーマは、【柔軟性】です。
まずは、あなたの柔軟性を事例クイズでチェックしてみましょう。

あなたの「柔軟性」自己診断

商品開発会議において、新人のあなたは自信満々で自分の意見を述べましたが、ほとんどの人に否定されてしまいました。今後、あなたはどう対応するべきでしょうか。

(1)自分の考えを認めてもらえない状況では会議に参加する意味がないと考えて、次回からは参加しない。

(2)「皆さんの意見を受けて考えを変えました」と伝えて、納得はしていなくても、とりあえず周りの考えに合わせておく。

(3)なぜ自分の意見が否定されたのかを確認し、それが納得できるものであれば、自分の意見を軌道修正する。

診断結果

(1)を選んだ人…柔軟性 0点
(2)を選んだ人…柔軟性50点
(3)を選んだ人…柔軟性90点

(1)のように、自分の考えと合わないからといって逃げ出してしまっては、社会人失格です。(3)のように、自分の意見が否定された理由を確認して納得できるようであれば、すぐに軌道修正するのが柔軟性のある行動といえます。納得できない場合には、自分の考えがきちんと伝わっていないかもしれませんので、また改めて自身の考えを説明してみましょう。(2)のように、納得せずにそのまま受け入れてしまう行動は、柔軟性があるとはいえません。

社会人が求められる「柔軟性」とは何?

柔軟性とは、意見の違いや立場の違いを理解する力のことです。自分の意見に固執せずに、異なる意見や立場を受け入れようとする姿勢のことをいいます。

なぜ「柔軟性」が必要なの?

仕事では、様々な立場の人が協力しながら仕事を進めていくため、お互いの意見や立場を尊重し理解する姿勢が重要です。周囲の意見に耳を傾けることで、多くの情報や自分では思いつかないような発想を取り入れて、仕事を大きく前に進めることができるかもしれません。また、私たちを取り巻く環境は常に変化しています。状況の変化を受け入れて臨機応変な対応を取ることも大切です。

まとめ:柔軟性を鍛える5つのポイント

⚫️状況に応じて発想を転換しよう!
⚫️物事を別の側面からも考えてみよう!
⚫️相手の意見を取り入れるときは鵜呑みにせずに、自分で考えて行動しよう!
⚫️よいと思う方向への軌道修正はためらわない!
⚫️難しいことや初めて取り組む仕事にもチャレンジしよう!

経済産業省が提唱している「社会人基礎力」は「前に踏み出す力(アクション)」と「考え抜く力(シンキング)」、「チームで働く力(チームワーク)」の3つの能力と、それを構成する12の能力要素で成ります。

このシリーズは、著書『わかる!できる!「社会人基礎力」講座 誰からも必要とされる人になるための12のスキル』(高橋忠寛著・ビジネス教育出版社)を一部改編しながらお伝えしていきます。

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。