柔軟性がある性格とは?仕事や人間関係を円満にする自己診断

読了目安[ 4 分 ]

社会人として誰からも必要とされる人になるためには、どのような能力を身につければ良いでしょうか。

経済産業省が提唱している「社会人基礎力」は、「前に踏み出す力(アクション)」「考え抜く力(シンキング)」「チームで働く力(チームワーク)」の3つの能力と、それらの能力を構成する12の要素があります。

参考|社会人基礎力(METI/経済産業省)

この「社会人基礎力」を身につけるために、能力を構成する12の要素をクイズ形式で診断してみましょう。

今回のテーマは、「チームで働く力」の構成要素である柔軟性です。まずは、あなたの柔軟性を事例クイズでチェックしてみましょう。

柔軟性の事例クイズ

新人のあなたは、ある商品開発会議に参加し、自信満々で自分の意見を述べました。ところが、ほとんどの会議参加者にその意見を否定されてしまい、意気消沈しています。

そんなとき、今後のあなたはどう対応するべきでしょうか。

A.自分の考えを認めてもらえない会議には参加する意味がないと考え、次回から参加しない
B.納得していなくても、「みなさんの意見で考えを変えました」と伝えて、周りの考えに合わせる
C.自分の意見が否定された理由を確認し、納得できれば自分の意見を軌道修正する

柔軟性とは

柔軟性とは、意見の違いや立場の違いを理解し、自分以外の意見を正しく判断して、正しい方向に消化する力のことです。

大切なことは、周囲の意見に流されたり、相手の意見をすべて受け入れることではなく、納得できるまですり合わせをすることです。

自分の考えに固執せずに、異なる意見や立場を受け入れる姿勢を持つことは、簡単なことではありません。

仕事では、様々な利害関係を持った立場の人が協力しながら仕事を進めていくため、お互いの意見や立場を尊重し、理解する姿勢が重要です。

周囲の意見に耳を傾けることで、自分では思いつかないような多くの情報や発想を取り入れることができ、仕事を大きく前に進めることができるかもしれません。

また、私たちを取り巻く環境は常に変化しています。そのため、情況把握力を最大限高めつつ、柔軟で臨機応変な対応を取ることも大切です。

参考|チームに必要な情況把握力とは?自分と相手の立場を理解する方法

柔軟性の診断結果

A:柔軟性0点
B:柔軟性50点
C:柔軟性90点

Aを選択する人は、自分の考えに固執し、組織で働くことの意味を理解できていない人です。自分の考えと合わないからといって逃げ出してしまうのは、社会人失格です。

Bを選択する人は、思考停止に陥りがちな人です。納得できずに相手の意見を受け入れてしまうと、その件については二度と自分で考えなくなってしまうでしょう。

Cを選択する人は、柔軟性がある人です。自分の意見が否定された理由を確認して納得できれば、すぐに軌道修正することが柔軟性のある行動です。もちろん、とことん話し合いをしたうえで納得できなければ折れる必要もありますが、感情論になってはいけません。

ただし、相手の意見に納得できないときは、自分の考えがきちんと伝わっていない可能性もあります。自分の意見をまとめなおして、改めて意見を述べる機会を設けましょう。

柔軟性を鍛える5つのポイント

では、社会人に必要な柔軟性を鍛えるためにはどうすれば良いのでしょうか。基本は以下の行動を理解することです。

  1. 状況に応じて発想を転換する
  2. 物事を別の側面からも考えてみる
  3. 相手の意見を鵜呑みにせずに、納得できるように考えて行動する
  4. 良いと思う方向への軌道修正はためらわない
  5. 難しいことや初めて取り組む仕事にもチャレンジする

仕事でもプライベートでも、自分の意見が全て通る場はありません。人が5人いれば、5つの意見があって然るべきです。

そのため、まずは自分の意見に固執せずに、相手の意見を受け入れ、そこから利害を含めた妥協点を探る話し合いが始まります。つまり、意見が対立することから物事が始まると認識しておきましょう。

社会人基礎力講座

  1. 社会人として誰からも必要とされる人になるための12のスキル
  2. なぜ社会人には主体性が必要なのか?主体性の事例と鍛える方法
  3. 働きかけ力を向上させたい!周りを巻き込むには人間関係と準備が大切
  4. 社会人に必要な実行力を身につける方法は?行動力だけではダメな理由
  5. 仕事の計画力を強くする方法は?普段の電話応対で計画力を自己診断
  6. 仕事の創造力を鍛えるには?必要なものは才能よりも知識と工夫
  7. 新社会人に必要な傾聴力とは?聴く力の向上で仕事を効率化する方法
  8. 仕事で発信力を高めるには?人間関係を構築する情報の正しい伝え方
  9. 柔軟性がある性格とは?仕事や人間関係を円満にする自己診断
  10. チームに必要な情況把握力とは?自分と相手の立場を理解する方法
  11. 規律性のある行動とは?人から信頼される規律を守る社会人診断
  12. 耐える力は必要なし!仕事のストレスコントロール力とは
  13. 社会人に必要な課題発見力とは?課題を見つける情報収集と整理方法

このシリーズは、著書『わかる!できる!「社会人基礎力」講座 誰からも必要とされる人になるための12のスキル』(高橋忠寛著・ビジネス教育出版社)を一部改編しながらお伝えしていきます。

同じカテゴリの記事

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。