55万円も補助が出る!知らなきゃ大損「私立高校の学費」助成金

読了目安[ 3 分 ]

秋になると、受験生はそろそろ志望校を絞り込む時期に入ってきたのではないでしょうか。
そんな時期に保護者が気にすることの一つに「学費」があげられますね。

大学ほどお金がかからないとは言え、高校だってそれなりの出費になるもの。
まして、私立高校に行った場合は、公立高校の3倍ほどの学費がかかってきます。

授業料のことを考えると公立に行ってほしいと思われる方も多いと思いますが、私立ならではの特色ある教育を受けられるなどのメリットがあることや、公立に落ちてしまった場合など、子どもが私立高校に入学することも多々あります。

そんな時に心強い味方なのが、私立高校の授業料への補助金です。
今回は国の助成、それから東京都と神奈川県で行っている助成についてご紹介させていただきます。

高等学校等就学支援金(国)

こちらは国が行っている助成で、保護者等の市町村民税所得割額が304,200円未満の家庭が支援を受けられます
年収で言い換えると、世帯年収が約910万円未満の家庭が対象となります。
授業料補助額は、297,000円~118,800円/年の間で市町村民税所得割額によって決まります。

私立高等学校等授業料軽減助成金事業(東京都)

国の助成と併用できる制度で、こちらも年収制限等ありますが、授業料軽減額は95,400円~143,000円/年となっています。

私立高等学校等生徒学費補助金(神奈川県)

国の助成と併用できる制度で、こちらは保護者等の市町村民税所得割額が219,400円未満(世帯年収目安750万円未満)の家庭が対象となります。
補助額は74,400円~158,400円/年で、別途入学金補助100,000円もあります。

今回は国の助成の他に、東京と神奈川の上乗せ助成についてご紹介させていただきましたが、他の都道府県でも同様の助成を行っています。
国の助成と、各都道府県で行っている助成と併用することができれば、家計はかなり助かります。
子どもが私立高校に行くとなると費用面での心配事が大きくなりますが、所得に応じてこのような助成がありますので、子どもの進路選択を広げることができるかもしれませんね。

同じカテゴリの記事

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。