国産品の半額で大満足!「松茸食い倒れ韓国旅行」が人気の理由

2

読了目安[ 4 分 ]

秋の味覚の「王様」松茸。年に一度は味わいたいものですが、スーパーやデパ地下に並んでいるのを見ても高価でなかなか手が出せないですよね。そこで、この秋は韓国で松茸食いだおれ旅しませんか? 韓国なら比較的旅費も安く済みますし、週末旅行にもおすすめです!

そもそも韓国の松茸ってどうなの?

アカマツなどの根元に生育する松茸は、風味豊かなだけでなく、食物繊維やカリウムなどを豊富に含む栄養価の高いきのことしても知られています。しかし、人工栽培できないうえ生育条件も厳しく、収穫量がとても少ないのです。

そういうわけで日本の市場では国産松茸は高価なのですが、外国産の松茸は産地によってばらつきがあるものの、国産に比べるといずれも安価です。ただ、外国産は香りも味もイマイチというイメージがあるのも事実。理由のひとつに、輸送に時間がかかり鮮度が落ちることがあります。つまり産地まで食べに出かければ、それなりに美味しい松茸が食べられるはずなのです。

日本に松茸として輸入されるものの産地は、中国、韓国のほか北米、北欧、地中海沿岸など。なかでも韓国の松茸は比較的日本のものに味わいが近いとされています。韓国でも日本と同じように松茸は高級食材ですが、嬉しいことに日本よりもリーズナブル! 1キロあたりの価格が日本で7〜9万円のところ、韓国では3万円前後といったところ。もちろん収穫年や品質によって変動はあります。

松茸を本場で楽しむなら、ここを目指すべし

ソウルでも9〜10月の松茸シーズンになると市場に松茸が並び、レストランで松茸料理を味わうことはできますが、せっかく行くなら本場で鮮度のいい松茸を味わいたいもの。江原道(カンウォンド)の襄陽(ヤンヤン)郡や、慶尚北道(キョンサンブット)の蔚珍(ウルジン)郡・奉化(ポンファ)郡・清道(チョンド)郡といった産地を訪ねてみましょう。

ソウルから高速バスで約3〜4時間のところにある襄陽は TVドラマ『冬のソナタ』のロケ地になったことで、日本人観光客の間でもブレイク。南大川や雪岳山の大自然に抱かれたこの一帯は、花崗岩の土質で数十年かけて松が生育、肉厚で高品質の松茸がとれることで有名です。毎年9月下旬から10月にかけて松茸祭りが開催され、松茸狩りを体験できる松茸狩りプログラムも好評です(2016年は9/21〜10/3)。

このほかソウルから高速バスで約7時間の蔚珍も松茸の生育に適した地質で、襄陽と同じく肉厚で香り高い松茸の産地です。ここでも毎年10月に松茸祭りが開催されます。祭りの日程に合わせて行けなくても、松茸の旬にあたる9月から10月なら、街中のレストランなどでいろいろな松茸料理が楽しめるのでぜひ訪れてみましょう。

日本と同じように炊き込みご飯にしたり、ホイル焼きにしたり、松茸の風味だけを楽しむこともありますが、韓国では松茸は他の食材と一緒に味わうのが一般的のようです。実際、現地のレストランなどのメニューを見ると、高級食材のアワビや上質の牛肉と一緒に調理された滋味豊かな料理の数々が用意されています。

この時期の韓国では、ワタリガニや大正海老も旬。秋の味覚をまるごと楽しむ充実した旅ができそうですね。

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。