ミステリー記念日!銀行の神メールに潜む「謎のキャンペーン」がすごい

8

読了目安[ 3 分 ]

外貨預金のタイムセールって?

家電や旅行、洋服などさまざまなモノやサービスを数時間~数日間だけセール価格で販売する「タイムセール」や会員など特定の人にだけ告知される「裏セール」など、ちょっと気になるユニークな販売手法がインターネットを中心に広がっています。

そんなトレンドを受けて、銀行でも外貨預金のタイムセールが開催されているのをご存じですか? ソニー銀行や新生銀行、三菱東京UFJ銀行、プレスティア銀行などが為替手数料の割引を中心に行っています。

開催情報を知るにはメルマガで

ソニー銀行では「雇用統計はソニー銀行の日」として、為替手数料が最大50%OFFになるキャンペーンを毎月行っています。(直近では2016年8月5日6:10~8月6日5:55開催)。ちなみに「雇用統計」は、毎月公表されるアメリカの景気を見通す上で重要な経済指標です。

また不定期で特定の通貨の為替手数料を割り引く「外貨預金タイムセール」もあります(直近では2016年2月9日15:00~2月11日5:55開催)。

そのほか、新生銀行では取り扱うすべての通貨の為替手数料が無料になる「為替手数料無料タイム」を不定期に開催。三菱東京UFJ銀行では特定の通貨の為替手数料が最大90%OFFになる「外貨預金タイムセール」を開催しています(直近では2016年3月3日0:00~3月4日23:59開催)。不定期に開催されるタイムセール情報を入手するためには、メルマガ会員になっておくのがオススメです。

外貨預金タイムセールの上手な利用法

タイムセールを利用する際に気をつけたいのが為替レートの動きです。いくら為替手数料が安くても、セール期間中に急な円安が進んでしまうと思わぬ損を被ることになりかねません。あらかじめ複数回に分けて外貨預金に預ける予定を立てて、そのうちの何回かタイムセールを利用するなど、コツコツ増やしていくつもりでスタートすると大きな失敗が避けられます。

投資経験もあり、為替相場を予測して外貨預金をしたいという場合は、各銀行のレポートを利用するのも1つの方法です。ソニー銀行では雇用統計発表前に動画による解説を公開したり、三菱東京UFJ銀行では毎週為替相場の見通しを公表したりしています。新生銀行はfacebook上でウィークリーレポートを読むことができます。

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。