JR東・西日本は上場後株価2倍!「JR九州IPO申込開始」やっぱり買い?

21

読了目安[ 5 分 ]

温泉・ふぐ・明太子・西郷どんと九州には観光資源がたっぷり。そこを生かしてJR九州は、乗務員が名所の説明をしてくれる特急列車があるなどサービス精神満点の鉄道会社。そして、ついに、「JR九州」の株式上場が決定!

上場日は2016年10月25日(火)。上場後の株式は自由に売買できますが、できるなら、IPO(新規上場)時に買いたい。その場合はブックビルディング(抽選)の申込期間「10/7(金)~10/14(金)」となります

JR九州とはどんな会社

さて、JR九州です。言わずと知れた国鉄の民営化によって生まれた会社で、JRの中では4社目の上場会社になります。

JR九州は、九州という限られた土地を地盤としており、先に上場した「東日本・西日本・東海」に比べて、人口や路線距離で不利な面を抱えています。九州は全体的に車社会。福岡の中心地である博多を除けば、電車より車の方が便利。しかも、博多から佐世保・長崎に向かった先は海。南に下ると、熊本を通り過ぎると人口の少ない地域(南九州)が広がります。

JR九州上場、ブックビルディング、マネーゴーランド

うーん、なんだか他の会社に比べて不利なことばかり。しかし、JR九州は頑張ります。もはや彼らは鉄道会社というより、駅ビル・不動産・観光と多角化を成功させた一大企業グループ。JR九州が作成した中期経営計画(2016-18年)には、こう書いてあります。

「安全とサービスを基盤として、九州、日本、そしてアジアの元気をつくる企業グループ」
「総合的なまちづくり企業グループ」

そうです、、、鉄道という言葉は出てきません。

鉄道から街づくりへと進む方向性は、大手私鉄の阪急・東急・西武などが行ってきたことと同様。強みは何といっても、九州各地の主要駅を抑えていること。さらに、九州は地理的に、韓国・中国などアジアと近く、昨今のインバウンドブームが起きる前から、アジアからの旅行者の取り込みに熱心でした。博多の街・湯布院や黒川の温泉・阿蘇や桜島の雄大さは、日本・海外問わず人気です。

JR九州部門別の売上比率グラフ
JR九州上場、ブックビルディング、マネーゴーランド

鉄道部門の売上高は、全体の約半分(47%)。残りは不動産・駅ビル・外食や建設。その成果が実りつつあるために、今回の上場へと達したわけです。

JR各社の上場後の株価について

各社ともに、アベノミクス以後に株式が大きく上昇しています。

●JR東日本は、1993年に上場し公募価格の38万円から人気を集めて初値が60万円。その後、株価の上昇等で、株式分割(100分割)を行うなど安定した値動きをしています。2016年9月28日時点の株価は9,071円(2倍以上の値上がり)!

●JR西日本は、1996年に上場、公募価格が35.7万円。初値は36万円とほぼ横ばい。その後は、順調に業績を伸ばし2016年9月28日時点の株価は6,335円(2倍近い値上がり)!

●JR東海は、1997年10月に上場。公募35.9万円に対して初値は38.3万円とこちらも横這い。2016年9月28日時点の株価は17,440円(約4倍の値上がり)!

人気がでそうなJR九州のIPO

同じJR各社が上場後に値上がりしており、安定した配当を得られる可能性も高いことから、今回の上場も人気を集めそう。ただし、今回の公開株式数は1億6千万株と非常に株数が多い。そのため、品不足でIPO直後に急上昇していく可能性は薄いと思われます。

街づくり・元気作りというJR九州の社会的理念に賛成の上で、配当及び長期的利益を狙って参加するのがベストの買い方。

JR九州の申込について

「IPOのスケジュールは以下の通り」
・仮条件提示:10月6日
・ブックビルディング:10月7~14日
・公開価格決定:10月17日
・購入申込期間:10月18~21日
・上場日:10月25日

JR九州の株を購入したい方は、ブックビルディング期間に証券会社から申し込みましょう。
九州(宮崎)出身の筆者は、既に野村証券さんに申し込み済み、当たるかなぁ。。。

今回は【上村和弘のFX基本講座】特別編としてJR九州上場についてお話ししました。次回も【上村和弘のFX基本講座】、宜しくお願い致します。

【上村和弘のFX基本講座】
全バックナンバーはこちらから
●第14回 米国の雇用統計はFXのフィーバーデー! 月に一度のビッグイベント!
●第26回 外国為替市場の1日、FXで儲けたいなら流れを知ろう!
●第35回 英国EU離脱でビジネスチャンス到来か⁉︎
●第38回 米国と世界の板挟み…イエレン議長の舵取りは?
●第41回 話題のヘリコプターマネーとその影響は?
●第45回 五輪終了後は…新興国BRICsは今後どうなる?
●第47回 過去4大会の相場を分析!東京五輪への動きは?

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。