ついに保育所のネット申込が実現!元銀行員FPが送るマネーニュース

1

読了目安[ 3 分 ]

これまでは保育所の申請、あるいは児童手当の申請は役所に行き、書面で行う必要がありました。しかし、来年7月よりインターネットでの申し込みが可能になる予定です。

これまでの保育所申請のやり方

保育園の入所申し込みは、市町村の役所保育課で随時行っています。しかし、この役所保育課の窓口時間に間に合わない方や、直接出向くのが困難な方が多くいるのも現状のようです。
児童手当申請も土曜に窓口で行われていましたが、上記理由と同じように出向くのが困難な方がいます。

キーワードは『マイナポータル』

そこでインターネットでの申し込み申請を行えるように制度を整えています。当初の予定では来年1月に開始する予定だったのですが、現在は7月開始までずれ込んでいます。

その理由が『マイナポータル』というwebサービスの開発が遅れていることなのです。名前の通りマイナンバーを使ったwebサービスとなるのですが、マイナンバーの通知は受け取ったものの
「マイナンバーカード」自体は受け取っていない方が多いのではないでしょうか?

マイナンバーカードを用いて申請をすることで、個人情報などの入力や審査が簡略化することが出来ると考えられていますが、マイナンバーカードを受け取っていなければ全く利用することができなくなってしまいます。

自治体にはメリットが多い?

インターネットでの申請を受けることができれば自治体職員の方の仕事が軽減され、他の多忙な部署の応援が出来たりと仕事の効率化が促進されるかもしれません。早いうちに取り組みを進めることによって、組織の改革を進めてほしいですね。

元銀行員FPへの質問、ご相談をお待ちしております。

投資の相談や疑問点、節約方法など気になることを下記アドレスまでメールを送ってみてください。元銀行員でファイナンシャルプランナーとして活躍中の高橋さんが動画で解説してくれるかもしれません!
uketsuke@money-goround.jp

3分でわかる解説動画は下記よりご覧ください。

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。