万が一に備えて…家族が元気なうちに「戸籍謄本を取得するべき理由」

読了目安[ 4 分 ]

今は両親が元気で、亡くなったときのことや相続のことなんて「まだまだ関係ない」と思っている方でも、今のうちにやっておいたほうがよいことがあるんです。

今回は両親や自分が亡くなったときに、残された家族がスムーズにさまざまな処理をするために、今から準備できることについてお話しします。

人が亡くなったときに必要なのが戸籍謄本

人が亡くなると、その人の持っていた物やお金を“誰が相続するべきか”確認する作業が必要になります。この作業の最初に必要なのが戸籍謄本です。

生まれてから一度も引っ越しせず、本籍地も変えていなければ、地元の役所ですぐ済むかも知れません。しかし、転居や結婚や離婚、本籍地の移動をした場合は遠方の役所から郵送で書類を入手しなければならないこともありえます。これが滞ると相続の一歩目で1ヶ月などといった長期間、動きがとれない可能性が出てきます。

いまや財産をもらう側には金銭的余裕がほとんどないかも知れません。財産の移動をスムーズに行うためにも、生きている間に自分や親の“戸籍謄本の収集”をしておくことをお勧めします(直系なら親の戸籍謄本も取得できます)。これは、たとえ財産があまりないという人でも、誰でも必要ですから、今やっておいて損な作業ではありません。

親世代だとだいたい3通、費用は3000円くらい

“戸籍◯◯”には「戸籍謄本(とうほん)」と「戸籍抄本(しょうほん)」がありますが、ここで必要なのは謄本のほうです(現在「戸籍謄本」は「全部事項証明書」に、「戸籍抄本」は「個人事項証明書」に呼び方が変わりましたが、ここでは馴染みの呼び方にしています)。

戸籍制度は過去何回か法律が改正されていて、新しいバージョンに作り直すことを「改製」というため、今より前の法律の時代のものは「改製原戸籍」といわれ、改製原戸籍は今の戸籍を取っただけでは確認できません。“アーカイブ”されているようなものでしょうか。そこで終活では改製前も含めて、“その人”の生まれた時までの謄本を遡って取ることになります。

“その人”というのは、現在30〜40代くらいの方なら1回法改正が入っている可能性があるため2通、その親世代(60〜70代ころ)ですと2回入っている可能性があるため3通くらい出してもらうことになると思います。結婚や転居などで本籍地を移動している場合はその分枚数が増えます。

<取得する謄本の種類>
1…戸籍謄本
2…改製原戸籍(ある場合)
3…除籍謄本( 〃 )

遠方ならネットで調べて郵送

遠方の役所から戸籍謄本を取り寄せるときは、その役所に電話して「戸籍謄本が必要なのですが…」と伝えると、郵送での取得方法を教えてくれるはずです。その役所のサイトで調べてから問い合わせるとスムーズです。

<郵送で必要なもの例(役所により異なるので要確認)>
・交付請求書
・本人確認書類
・手数料(定額小為替や普通為替)
・返信用封筒(切手は多めに)
・委任状 など

手数料は状況により変わります。3000円というのはだいたい一人分の費用のため、請求する人数によってはさらに多い額を指定されることもあるでしょう。電話で役所の人から金額を指定されたら、郵便局で定額小為替などを入手してください。

<費用目安(枚数や重さによって異なる)>
・戸籍謄本交付手数料 3000円程度(枚数により増減、余ればお釣りは戻してもらえます)
・定額小為替購入費用 300円(金額により異なる)
・簡易書留 392円
・返信用封筒に張る切手 140円

「役所は緊張する」と言われる人も多いですが、多くの役所の人は、『普通の人はよくわからないだろうからちゃんと説明しなくちゃ』と思っています。無理にソツなくこなそうとせず、まずは総合受付で「登記簿謄本がほしいけれどどこに行けば良いか?」と聞くことからスタート。窓口でも「相続に備えて父母の戸籍謄本を生まれた時にまで遡って取りたい」などとストレートに伝えるのが簡単です。

また、親のものを取得しようとしている場合も、自分もいつ何があるかわかりませんし、一緒に自分のものも揃えておくことも良いと思います。

ここで紹介した内容は、「終活(しゅうかつ)」という活動のひとつです。ただ“終活うつ”という言葉もチラホラ聞くようになっています。心理的に気持ちが進まない場合もあるかもしれませんが、今回紹介したのは、財産がある人もない人も将来必要になると同時に、あまり考えこまなくてもできる作業ですので、用意されてみてはいかがでしょうか。

同じカテゴリの記事

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。