星の命名権はわずか5千円 !「庶民でもオーナーになれるもの」3選

読了目安[ 3 分 ]

「私、オーナーなんです」というと、とっても格好がよいですよね。世の中には、別荘のオーナーや農園のオーナーなど、様々なオーナーの方がいらっしゃいますが、みなさんとってもお金持ちなのでしょう…か?

お金がなくても何かのオーナーになれるなんて、そんな虫のいい話があるかしら?と怪しむ方もいらっしゃるでしょう。しかし、あったんです! 庶民でも手が届く範囲の出費で、いろいろなオーナーになれるものをご紹介したいと思います。

牡蠣養殖のオーナー

冬に食べたくなる、牡蠣。そんな牡蠣のオーナーに、大金をかけずしてもなれる制度があるんです。それは、牡蠣養殖の共同オーナー制度。東日本大震災で大きな被害を受けた三陸沿岸部の牡蠣養殖場で、復興のために始まったのがそんな制度です。

現在は新しいプレミアムなブランド牡蠣を作るための「三陸プレミアム牡蠣オーナー」が1口1万円というものがあり、作られた牡蠣が送られてきます。募集期間は9月末までですが、ほかのエリア等にもまだ募集中のものもあるかもしれません。

映画館のオーナー

映画を上映するには、その映画の権利者に使用権の許可が必要だったり結構面倒なことが多いのですが、今少し話題になっている『popcorn』というシステムを利用すれば、使用権問題などを一手に引き受けてくれて、会員になるだけで映画館オーナーになれちゃいます。

毎日映画を上映しないといけないわけではありません。週末だけレンタルスペースを借りて映画上映をしたり、野外映画上映をしたり、どこでも映画館のオーナーになれるんです。好きな映画を上映してみたかったという方には、最高の制度ではないでしょうか。

星のオーナー

宇宙には、名前のついていない、認識番号だけの星が大半であることをご存知ですが?その、認識番号しかついていない星に名前をつけて、星のオーナーになってもらおうという取り組みが、北海道の初山別村というところで行われています。

正式名称として世界的に登録されるわけではないのですが、登録料は1件につき5,000円で、初山別村ではその星の名前と所有者が永久的に登録・保存されます。プロポーズだったり何かの記念だったりで、大切な人の名前を星につけて登録してみるのはいかがでしょう。正式名称ではないけれど、確実に星のオーナーになれる、ロマンチックな制度です。

同じカテゴリの記事

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。