住宅購入時最大の悩み…FPが教える 「駅近VS郊外」見極め4箇条

読了目安[ 3 分 ]

都市再生特別措置法等の一部改正案が閣議決定され、住宅団地の再生を図るための改正法が2016年9月1日施行されました。

これは、大型マンションや団地の建て替えに必要な所有者の合意の数を、現行の「5分の4以上」から「3分の2以上」に引き下げ、老朽化した都市部のマンションや団地などの建て替えを促進するための方策です。

そんな流れをふまえて、住宅を買うにあたって駅近か郊外かで悩んでいる読者に、住宅を選ぶときのチェックポイント4つを解説します。

1:「利便性」を取るか、「広さ」と「自然」を取るか

駅から近い物件は、通勤通学に便利で商業施設や塾、病院等も近くにあり、時間を有効活用できる点が大きなメリットです。通勤通学はもちろん、塾が近いことは子どもの教育にも影響を与えます。しかし、同じ価格帯なら郊外に比べると面積は狭くなってしまいます。

駅から遠い物件は、通勤通学や買い物など、バスや自転車、自動車などを使う必要があり、毎日残業続きの仕事をしているなら体力的にきつくなります。けれども、土地の面積は広くなり自然環境も良いので、のびのびと子育てしたい家庭には向いています。

2:老後はどこで暮らしたい?

老後なんてまだまだ先の話と思っていませんか? 住宅ローンを払い終わるのは何歳ですか?
ローンの払い終わりはイメージできても、老後はイメージできない方が多いですが、35歳で30年ローンを組めば、払い終わりは65歳です。退職後はどこでどんな暮らしをしていたいかを考えることも重要です。

老後も同じところに住み続けるのが効率的です。しかし、通勤時間を考えて駅近のマンションを購入したが、退職したら郊外の一戸建てで趣味を楽しみながらのんびり暮らしたくなることもあります。また、子育てを考えて広い一軒家で自然に囲まれてくらしたいと思って購入したが、老後には子どもは独立し、将来車の運転ができなくなることも考え、駅近の便利なところに住みたくなるということもあるかもしれません。

3:資産価値も考慮する

取り巻く環境は日々変わるということも考えておかなければなりません。
突然言い渡される転勤、考えもしなかった勤務先の倒産、田舎の両親の介護など、これからの人生において予想もつかない出来事がある可能性はあります。また先ほどの例のように、老後自分の気持ちが変化することも十分考えられます。選ぶ際には、何かあった際に「人に貸しやすいか」、「売却しやすいか」という観点で選ぶことも一つの手です。

駅から近いほうが賃貸や売却は比較的容易だといえますが、ペットが飼える郊外の一戸建ての需要も少なくはありません。どちらを選ぶにしても、資産価値も十分検討してください。

4:あなたと家族の価値観を大切に

利便性をとるか、広さと自然環境をとるか。家族の意見も交えて十分に話し合うことが大切です。候補としている物件に、曜日を変え時間帯を変えて何度も、時には家族も一緒に、実際に住んでみたらどうかの視点で訪れてみます。

そして最後は、「住めば都」です。駅近なら交通の便を活かして休日は家族で電車の旅、郊外なら近隣の方とのコミュニケーションなど、選んだ暮らしが楽しくなる工夫をしながら、日々を満喫しましょう!

同じカテゴリの記事

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。