学資保険なんてもう要らない!改めて考え直したい加入見極めポイント

1

読了目安[ 3 分 ]

子どもが生まれると学資保険に入る!と考えている人もいるのではないでしょうか。将来の教育費やその他様々なお金を考えると学資保険に入らなければ不安で仕方がないと思われるかもしれません。

しかし、学資保険も人によっては必要でない場合もあります。今回は子どもの将来のために学資保険が本当に必要であるかどうか?ということについて考えてみましょう。

子どもの教育費はいくら必要?

学資保険の話をする前に子どもを社会人にするまでに必要な金額を考える必要があるでしょう。細かい計算は省きますが、小学校から大学まで公立に通ったとしてかかる教育費はおよそ1,000万円と言われています。

それ以外にも塾や習い事に通うことを考えるのであれば、そのお金は必要ですし、部活動もそれなりにお金がかかることを覚悟しなければなりません。これだけ様々な出費があるとすると、あらかじめまとまったお金を貯めておくのは必要かもしれませんね。

学資保険の見落とせない2つの特徴とは?

では、学資保険に加入することを考えた場合、どのような特徴があるのでしょうか。学資保険の特徴として大きく2つあります。それは、毎月強制的にお金が貯蓄されるという点、また、途中で解約した場合には元本割れするおそれがあるという点です。

これらの特徴はメリットともデメリットとも考えられます。例えば、貯蓄があまり得意でない人は、ある程度強制力のある学資保険でお金を貯めやすいですし、元本割れを防ぐために保険料を最後まで支払い続けることができる場合もあります。

その一方で、きちんと毎月貯蓄ができる人はそれほど学資保険にこだわる必要はありませんし、毎月の支払いが厳しくなって結果的に元本割れすることも可能性としてはありえるのです。

ですから、自分は学資保険のように強制的にお金を貯めることが必要であるか、また、どんなことがあってもきちんと毎月払い続けるだけの覚悟があるのかということも考える必要がありそうです。

学資保険は出産前に入るのがお得?

学資保険に入るのであれば、実は出産前の方がお得な場合があります。そもそも出産前でも学資保険に入れるのか?ということを疑問に思うかもしれませんが、実は入れるのです。そうすることで保険料が安くなることがあります。その他にも、自分に万一のことがあった場合でも、それ以降の払い込みが免除されるといったこともあるのです。

こちらについては関連記事の「学資保険は出産前がお得?」に詳しく書かれているので、ぜひこちらもチェックしてみてください。

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。