憧れのバラ色人生!「40代でセミリタイア」遊んで暮らせる貯金額は?

59

読了目安[ 3 分 ]

40代で働くのを辞めて自宅でゆっくり過ごすことに憧れを抱く人も少なくないでしょう。毎日、満員の通勤電車に立ちっぱなしで乗り、あくびをしながら仕事をこなし、ミスがあれば上司にこれでもかというくらいに怒られる。

そんな生活に嫌気が刺してどうにか早期退職ができないものか?と考えるかもしれません。そこで、今回は40代のうちにセミリタイアするためにはいくら必要であるのか?ということを考えてみましょう。

セミリタイアに必要なお金は8,640万円!

本当に生活を送るだけでいいのであれば、1ヶ月10万円もあれば地方でゆっくりと過ごすことができます。しかし、今回のテーマである〝遊んで暮らす”ことを考えると、娯楽や家族のことを考えた上でセミリタイアすることを考えてみましょう。

基本的な生活費に加え、子どもや娯楽でかかるお金として月にプラス8万円、つまり月に18万円使うことを考えてみます。40歳でセミリタイアをするとなれば、80歳までに必要なお金は、18万円×12か月×40年間 = 8,640万円。

40歳までに8,640万円を貯めろ!と言われても、なかなか貯めることは難しいですよね。60歳まで年金を払い続ければ国民年金として65歳から月に6万円ほど支給されますが、それでも6万円×12か月×15年間 = 1,080万円。

年金でもらえる分を差し引いた、残りの7,560万円を自分でどうにかしなければ、セミリタイアは難しいと考えられるでしょう。

現実的なセミリタイアの方法とは?

しかし、40代でセミリタイアをするにしても現時点で7,500万円もの貯金がある人はおそらくほとんどいないでしょう。つまり、セミリタイアをするにしてもなんらかの方法でお金を稼ぎだす必要があると考えられます。

例えば、副業などで毎月決まったお金を稼ぎだすことも考えられますし、今の資産を投資によって運用するといった方法もあります。もし仮に副業で月に5万円稼ぎだし(5万円×12か月×40年間=2400万円)、年金以外の残り約5,000万円をどうにか用意したいと考えたとき、毎月積立額50,000円で年率10%で積立投資すると、約22年で5,000万円になる計算になります。

もちろん副業や投資で安定的に稼ぎだすまでの資金を考えると現実的にはもう少し費用がかかりますが、おおよその目安にはなるでしょう。

セミリタイアしたい!と考える人はまずはやはり莫大な金額がないと実行するには難しいかもしれませんね。

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。