秋から始める自己投資!全国で22名しかいない「夜景鑑賞士1級」攻略法

1

読了目安[ 3 分 ]

今回は夜景鑑賞士1級についてお話ししたいと思います。実は1級合格者は22名しかいません。非常にレアなキャラになれるチャンスです。ここまで詳しく書ける人はあまりいないと思うので是非参考にしてください。

秋から始める自己投資!話題いっぱい「夜景鑑賞士」のメリット&勉強法で紹介したように、2級に受かると晴れて1級を受験出来ることができます。しかし1級は一言で言うととても難しいです。少し舐めてかかった私は恥ずかしながら2回落ちています。

夜景鑑賞士1級合格者が少ない理由

その理由として1級の過去の問題が一切公開されていません。過去問はもちろん、終わった後の問題は回収されて一切手元に残らないため、対策が非常に難しいのが1点。もう一つは合格者を極端に絞り込むために、ふるいに掛けられるので、非常に細かい知識が必要になります。

私の記憶が正しければ、このような問題が出ていました。

次のうち、間違いは何箇所あるか。
Q:「JR岐阜駅の西側、2005年に10月13日に誕生した岐阜のランドマーク「岐阜シティタワー43」。専用エレベーターを使い90秒で43階のスカイレストランラウンジに到着。地上200mのスカイラウンジは展望室とスカイレストラン「forty three」からなる。岐阜市街、金華山、上田城のライトアップはもちろん、晴天時には名古屋まで続く越後平野の大パノラマが堪能できる。」

初見でこの問題に出くわした時、私はこう思わずにはいられませんでした。
「・・・。いや、絶対無理。ゼッタイ。」(正解は多分5箇所です。探してみてください。)

また、1級には「夜景ツアーを組める程度の知識」が求められているので、東京と大阪を中心に一番効率が良い夜景スポット巡りをどう回ればいいのかという類の問題も出ます。

夜景鑑賞士1級【攻略法】

・1級用のテキストに記載の夜景情報や歴史の年表を細かく暗記していく。
・東京、横浜、大阪の夜景スポットを実際に巡る。
くらいしかないのが現状です。受けようとしている方はもう頑張ってとしか言えません。

というわけでいかがでしょうか。

日本は治安が良く、世界一夜景が楽しめる国だと思っています。さらに、老若男女が好きな夜景というコンテンツに詳しい人がいればもっと日本も盛り上がるはず。
と言いながら、一緒に夜景を楽しむ仲間を欲しいだけかもしれない私がお送りしました。

このコラムで反響があれば、運営に怒られない程度にまた情報を公開していきたいと思います(笑)

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。