投資ビギナーでも3分でわかる!「日経225と日経400」違いは何?

読了目安[ 2 分 ]

投資ビギナーの方でも、「日経平均株価」は耳にする機会があることと思います。
また、インデックスファンドを調べ始めると、種類がいくつかあることに気づくでしょう。
インデックスファンドには、最もメジャーな「TOPIX」型のほかに、「日経225」型や「JPX日経400」型があります。
同じ「日経」で、いったい何が違うのでしょうか?

伝統的な「日経225」、新顔の「JPX日経400」

どちらも、日本の株式市場を全体的に見るための指数です。

伝統的な「日経225」

「日経平均株価」と呼ばれています。ニュースなどで、その日の株式市場の値動きを伝える際に使われます。

「JPX日経400」とは

2014年1月から公表が始まった新しい指数で、「JPX日経インデックス400」のことです。

どちらも、日本経済新聞社が指数の算出に関わっている

「日経」の冠をかぶっているのは、どちらも日本経済新聞社が関わっているためです。
なお、JPX日経400の「JPX」は、東京証券取引所が属する日本取引所グループの略称で、日経と一緒に指数の算出に関わっています。

「225」や「400」の数字が意味するものは?

日経225やJPX日経400を「日本の株式市場を全体的に見る」と述べましたが、厳密には全部の銘柄を対象にしているわけではありません。
それぞれの指数を構成する銘柄数は、日経225が東証1部上場銘柄の中から厳選した225銘柄、JPX日経400は東証上場全銘柄(東証1部、2部、マザーズ、JASAQ)の中から選んだ400銘柄です。
ちなみに、2016年9月12日現在、東証1部上場数は1,979銘柄、東証上場は全部で3,525銘柄です。その中から選び抜かれた225社、400社というワケです。

日経225とJPX日経400の違い

JPX日経400は、日経225に比べ、単に対象範囲を広げて採用数を増やしただけではありません。
採用銘柄を選ぶ条件に特徴があります。
JPX日経400の大きな特徴は、400銘柄の選択基準にROE(自己資本利益率)や企業統治の取り組みなどを考慮した点です。
ROEは、外国人投資家や年金資金などが日本株を買う場合に注目する指標です。また、1つの銘柄に偏り過ぎない配慮もなされています。
いわゆる「優良企業」の集まりともいえるJPX日経400の採用銘柄ですが、値動きの面では、TOPIX(東証株価指数)や日経225と比較して、それほど優位ではないのが現実です。

その理由は、いくらクオリティが高くても、それが投資対象としての魅力とイコールではないからだと言えそうです。とはいえ、「JPX日経400」は、今後、インデックスファンドの選択肢の1つとして存在感を増していくことと思います。

同じカテゴリの記事

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。