10年後に明らかな差!将来に役立つ「正しいお金の付き合い方」は?

8

読了目安[ 3 分 ]

賢いお金の使い方と聞いてどのような使い方を思い浮かべますか?好きなものを好きなだけ買うというわけではなさそうですし、逆に過剰に食費や光熱費を削減することばかりが上手にお金を使っているというわけでもないでしょう。

賢いお金の使い方とは、自分の収入に見合った今の生活と将来の自分への投資をバランスよく行っている使い方といえるのではないでしょうか。では、実際にどうすれば、今も将来も幸せな生活が送れる、お金の使い方ができるのでしょうか。

今の収支を把握しよう

まず、当たり前のように聞こえますが、サラリーマンの給料はほとんど一定で大きく変化することはあまりありません。つまり、以前にどんな暮らしを送っていたとしても、現在の収入に見合った生活を送ることができなければ無駄遣いが多くなることも考えられるのです。

ですから、そのような無駄遣いを減らすために必要なことが、今の収支を見直すこと。現在の収入がいくらで支出がいくらなのか、また将来に向けて貯蓄はいくらしたいのか、これらをきちんと把握することが重要であると言えるでしょう。

将来も含めたコストパフォーマンスに意識を向ける

賢いお金の使い方として“コストパフォーマンス”について意識を向けるのも良いでしょう。例えば、服や雑貨を買うときも本当に高いものを買う必要がある時と安物のファストファッションで済ませていい場合があります。

飲み会でも同様で、自分の将来につながる上司や同僚との飲み会は参加すべきですが、愚痴を言いあうだけの生産性のない飲み会はあまり有意義であるとは言えませんよね。

このように、今支払う分だけの価値が、将来への可能性につながるのかどうか?ということを考えておくと良いでしょう。そうすると仮に出費が一時的に増えてしまったとしても、後でそれよりも大きなリターンが返ってくるかもしれません。

人間関係にはきちんと投資を

最後にですが人間関係だけはお金で買えるものではありません。しかし、お金がなければ人間関係をある程度円滑に進めることも難しいでしょう。友人は自分が困っている時や悩んでいるときにお金以上の価値を提供してくれる素晴らしい人です。

このような良い友人と付き合いを続けていくためにお金を使うというのも賢いお金の使い方と言えますね。

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。