全国9000世帯の家計簿が丸裸!平均月収&支出内訳はいくら?

15

読了目安[ 2 分 ]

面と向かって聞きづらいけれど、気になってしまう他人の家計簿。そんなときにご紹介したいのが、総務省がおこなっている家計調査。この結果を見れば全国の平均的な月収や様々な支出の概算がたいてい把握できます。

そんな家計調査、最新の調査結果(平成28年4~6月期平均速報)が8月に公開されましたので今回はその内容をピックアップしてみました。

家計調査とは

家計調査とは、総務省による一定の統計上の抽出方法に基づき選定された全国約9千世帯を対象とした家計の収入・支出,貯蓄・負債などの調査です。それらの情報をもとに景気動向の把握,生活保護基準の検討、消費者物価指数の品目選定及びウエイト作成などの基礎資料として利用されています。平均的な世帯と比べた収入や支出のギャップがわかります。どの支出を抑えるべきかなど参考にしてみるのも良いでしょう。

総世帯の支出内訳

・食料 61,534円
・住居 16,117円
・光熱水道 17,428円
・家具家事用品 8,330円
・被覆、履物 9,923円
・保健医療 10,366円
・交通通信 32,448円
・教育 9,393円
・教養娯楽 25,355円
・そのほか 48,523円
支出合計 239,416円

勤労者世帯の実収入

総世帯平均 480,671円
二人以上の世帯平均 546,000円

この結果を紐解くと、支出の多くを占める食費が減少傾向にあるようで、電気代や保健医療費が増加傾向です。また、全体的に消費支出は控えているようで、特に食費や娯楽、交際費などが減少しており、不景気の感があります。こういった視点を持つことで、新たな節約の視点が得られることでしょう。

隣の家の懐事情はなかなか計り知れないもの。ぜひこれらの結果を参考にして、自分の家計の見直しに役立ててみてはいかがでしょう?

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。