1万円で富裕層の仲間入り⁉︎ 庶民でもできる「ミニ株」とは?

2

読了目安[ 3 分 ]

『日本証券業協会』が公表している資料によると、株式投資をしたことがある人の割合は2割だそうです。それほど多くないと思われたかもしれませんが、一方で年収が1,000万円を超える人は、なんと60%近くの人が株式投資の経験があるのです。

このようにお金持ちの人は一般的な人と比較して株式投資に力を入れている傾向にあります。今回は、そんな年収1,000万円を手に入れる株式投資を始めるための方法についてお話しします。

株式投資はリスクが大きい?

そもそも株式投資にどのようなイメージをお持ちでしょうか。リスクが大きい、ギャンブル、プロしか稼げないといったイメージがあるかもしれません。

しかし、これらのイメージは大きく間違ったものだと言えます。実際の株式投資はリスク管理ができていれば、それほど大損することもありません。そのリスク管理をする方法の一つとしてミニ株という投資法があります。

初心者でも始めやすいミニ株とは?

基本的に株は1株で買うことができません。証券会社のサイトを見ていただければわかりますが、基本的に株は100株や1000株をセットで購入しなければなりません。1株2,000円であれば100株買えば20万円にもなり、初心者の方にはハードルが高いですよね。

そこでミニ株では、このような100株のセットで購入しなければならない株を、例えば10株だけ購入するといったことが可能で、なんと1株単位で購入できることも可能なんです。こうすると、1株2,000円の先ほどの例だと1万円以下で買うことができることになります。資金が少ない方にとってはこのようなサービスは嬉しいですよね。

証券会社によっては、ミニ株という名前以外に「ワン株」「プチ株」などと呼ばれることもあります。

ミニ株のデメリットってあるの?

では、そんなお得なミニ株ですが、何かデメリットが存在するのではないかと思われるかもしれません。ミニ株の最も大きなデメリットとしては、価格を指定して売買を決める指値注文ができないという点です。

他にも手数料が多少割高であることや、取引銘柄が少なくなるといったこともありますが、大きな問題ではありません。ただ、ミニ株の注文方式は特殊であるため戸惑いがある方も少なくないようです。

ミニ株には上記のようなデメリットは確かに存在しますが、リスクを抑えるという意味では非常に効果的な取引方法であると言えるでしょう。まずは、休日に取引を少し実際に体験するところから始めてみてはいかがでしょうか。

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。