数万円も差がつく!お札も硬貨も現金つかみ取り成功のコツ

読了目安[ 3 分 ]

お祭りや地域のイベントなどで、たまに「現金つかみ取り」を開催していることがあります。

もらえるものはより多くもらわないと損!しかも現金なんて、夢のようなお話ではないですか。

現金つかみ取りにはいくつかの種類があり、主に1000円札のつかみ取り、1万円札のつかみ取り、硬貨のつかみ取りがあります。

もちろん、高額なお札や硬貨の割合はそのイベントによって違うため、平均でいくらつかみ取れるかはわかりません。

とは言え、つかみ取りが上手い人と下手な人では、何万円もの差が出ることもあるため、コツを知っておくことはかなり重要です。

今回は、そんな千載一遇のチャンスの現金つかみ取りで、より多くお金をゲットできるコツをご紹介します。

お札の現金つかみ取りのコツ

お札の現金つかみ取りは、ボールや箱の中で1000円札や1万円札下から空気を当てられて、ぐるぐると舞っています。

見た目は簡単そうなのですが、実は全くつかめない人がほとんどです。

コツ1.お札が舞う様子を観察

お札は追いかけてはいけません。どのようにお札が舞っているか、観察して軌道の傾向をつかめば、手の動かし方も決まります。

コツ2.手を保湿する

乾燥している手だと紙はつかみにくくなります。お札の現金つかみ取りに挑戦する前は、クリームなどで手に潤いを与え、ポケットなどで手を温めておきましょう。

コツ3.下から上に手を動かす

舞うお札を追いかけると、どうしても上からつかみにかかろうとしてしまいますが、これはお札を落としやすくなるのでNGです。下からすくう様につかむとお札が逃げません。

硬貨の現金つかみ取りのコツ

硬貨のつかみ取りは、まず手を出し入れする穴の大きさが重要です。たくさんつかむためには、大きい手の方が良いわけではありません。

「あれ?穴から手が出ない……。」と、せっかくつかんだ硬貨を落とす羽目に…。実は、男の人より女の人の方が大金をゲットしやすいんです。

コツ1.硬貨を集める

ただ単に手で鷲掴みするのではなく、まず硬貨を1か所に集めることが大切です。集めた硬貨を手ですくうことで、大量の硬貨をゲットできます。

コツ2.硬貨を積み重ねる

時間に余裕があれば、硬貨の向きをしっかり揃えて、限界まで積み重ねます。積み重ねた硬貨をしっかりとつかめば、単純につかむよりも多くの硬貨をゲットできます。

現金つかみ取りは違法?合法?

「現金つかみ取りって違法なんじゃないの?」という声がたまに聞かれますが、景品表示法上において、現金を景品として提供することは禁止されていません。

一般に、景品とは、粗品、おまけ、賞品等を指すと考えられますが、景品表示法上の「景品類」とは、

(1)顧客を誘引するための手段として、
(2)事業者が自己の供給する商品・サービスの取引に付随して提供する
(3)物品、金銭その他の経済上の利益
であり、景品類に該当する場合は、景品表示法に基づく景品規制が適用されます。

引用|景品規制の概要|消費者庁

ただし、景品にできる現金の金額には、懸賞の種類(一般懸賞・共同懸賞・総付景品)や懸賞による取引価額などが個別に決められています。

詳しくは上記の消費者庁のサイトを確認してください。

お札はなかなか難しいですが、硬貨のつかみ取りでなら自宅でも練習できますよね。つかみ方や硬貨の集め方などを本番までに練習して、一攫千金のチャンスをものにしましょう。

同じカテゴリの記事

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。