日米金融政策発表で連休中のドル円の方向性は?【岡安盛男の初心者でもわかる今週の為替市場】

読了目安[ 2 分 ]

9月第4週の見通し(2016/09/19)

為替アナリストの岡安盛男です。毎週月曜日にお届けしている『初心者でもわかる今週の為替市場』。今週も宜しくお願いします。

「日米金融政策の発表でドル円の方向性を探る」

先週のドル円は101円ミドルから103円ミドルの狭いレンジ内での、方向感の乏しい動きとなりました。

週初めはブレイナードFRB理事が従来と同様に利上げに慎重な姿勢を示したことでドル売りが先行して始まりました。しかし、その後NY市場では株式市場が大幅下落となり長期金利が一気に上昇するなど、利上げを意識した動きが強まりました。これを受けドルが全面高となったものの、同時に円高の動きも強まりドル円は103円前半で上値が抑えられました。

その後発表された米小売売上が予想を下回り5か月ぶりのマイナスとなったことで再び利上げ観測が後退しドルは下落。ドル円は101円75銭まで売り込まれました。
ところが週末発表された米8月消費者物価指数が予想を上回ったことで再度ドル買いが強まりドル円も102円ミドル付近まで上昇。FRBの利上げの思惑が交錯しドル円は狭いレンジでのもみ合いが続きました。

今週は注目のFOMC日銀会合が開かれ、ドルと円の方向性を見るうえで注目されます。
今回の日銀会合では総括的な検証が行われ、これまでのような市場を驚かせるようなやり方から市場との対話を重視するやり方に変えると思われます。それにより、市場に広がる日銀の金融政策に対する限界説を払しょくしようとするものです。

日銀はこれまでの2年間で2%の物価目標を掲げていましたが、それが難しい状況になったので期間を示すのを撤回すると思われます。それにより、市場の日銀に対する過剰な緩和期待を抑制しようという試みです。また、長短金利差縮小、いわゆるフラット化を解消するために超長期債の購入を控え短期債を中心に買いを入れようとするスティープ化を実施するとみられています。

また、マイナス金利の効果と副作用を比較し効果が上回ることを強調し、マイナス金利の深堀を更に進めることで円高を抑止しようとする考えです。
これによりドル円は上昇に向かう可能性がありますが、同時にFOMCでは利上げが据え置かれるようであれば、ドル売り圧力も同時に強まることになります。

今週は日本がシルバーウイークに入ることから、海外勢による仕掛け的な円買いも警戒されます。これらを考えると今週のドル円の上値は限定的とみることが出来ます。
ただし、1ドル100円の壁はこれまで何度か試しても反発していることから、下値も限られそうです。
今週のドル円予想レンジは104円ミドルから100円ミドル。

【岡安盛男の初心者でもわかる今週の為替市場】、来週も宜しくお願い致します。
▼30秒でわかる!8月第4週、今週の為替市場の見通しはこちら!

同じカテゴリの記事

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。