秋から始める自己投資!話題いっぱい「夜景鑑賞士」のメリット&勉強法

2

読了目安[ 3 分 ]

先日、多摩川の花火大会を見に二子玉川まで行ったら大雨。
このままやるとは思えなかったので、Twitterを見ていると公式ページに中止の文字が。急いで電車に乗るとまさかの花火の音が・・・。偽アカウントでした。皆様十分に注意をしてください。

さて、本日ですが私が持っている『夜景鑑賞士』の資格について話してみたいと思います。未だに謎のベールに包まれている感じがする夜景鑑賞士検定(夜景検定)。対象者は一言で言うと「誰でも」です。夜景が好きな方、夜景を楽しみたい方、観光業界の方。とにかく夜景に関心を持つ方に向けての検定です。

夜景検定は3級、2級、1級があり、3級と2級はWebで受験。1級は東京か大阪の会場でマークシート試験があります。(1級は2級を合格しないと受験できません。)細かい情報はHPに任すとして

よく珍しい資格だと言われるこの資格。
私なりに良いと思ったメリットを書いておきます。

・体系的に全国の夜景が学べる。

テキストを買って勉強を進めていくのですが、全国の夜景スポット、夜景の歴史、夜景の分類など満遍なく夜景の知識が手に入るので、勉強になります。

・驚かれる。

これはほぼ100%の反応です。珍しい資格なのでとても良い反応をしてくれます。そのあとの話も広がりますし、ここが一番のメリットだと感じます。(デートに誘える口実もできます)

勉強する価値ある資格だと思うので、興味あれば以下の攻略法でバッチリです。

【攻略法】

ここでは飛び級ができるので3級ではなく、2級から受験することをオススメします。3級と2級は同じテキストです。そして1級をチャレンジするには2級合格が必須だからです。

テキストの読み込みをして勉強していくのが基本ですが、
実はあまり知られていない問題集があります。日本夜景遺産事務局『夜景鑑賞士検定・過去問題集(2級)』。テキストを読み込み、この問題集を自動車免許の学科試験のように回せば大丈夫です。私を信じてください。

次回の開催は12月3日・4日です。このコラムを見て一人でも受けてみたいと思った人がいたら幸いです。次回は1級について書く予定です。持っている人が少ない1級ですので、ぜひお楽しみに。

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。