悩める夫婦に朗報!国内初「不妊治療をサポートする」保険が誕生

読了目安[ 2 分 ]

不妊治療は健康保険適用外のものが多く、高額であることはよく知られています。不妊治療に励む夫婦にとって、精神的な負担だけでなく、費用面での負担も大きな問題です。

そんな現代において、日本国内で初めて不妊治療をサポートする保険が誕生しました。

日本生命が不妊治療をサポートする保険を発表

2016年9月、不妊治療に関する保険商品について発表したのが、日本生命保険相互会社。これは、2016年4月1日に保険業法施工規制が改正され、不妊治療に関わる保険の引き受けが解禁されたことを受けたものです。

気になる保険商品の詳細・費用は?

対象の保険商品は『ニッセイ出産サポート給付金付3大疾病保障保険“ChouChou!!”(シュシュ)』。3大疾病(がん悪性新生物、急性心筋梗塞、脳卒中)の保障に加えて、出産した場合や特定不妊治療を受けた場合に給付金を受けることができ、満期まで継続すれば一時金を最大200万円ももらえるというもの。

出産給付金は出産回数に応じて増額し(回数限度なし)、特定不妊治療を受けた場合の給付金は最大12回。たとえば25歳の女性が保険期間・保険料払込期間20年で死亡時の総受取額300万円の場合、1人目の出産では10万円、2人目では30万円、3人目では50万円の給付金となり、特定不妊治療給付金は採卵または胚移植1回につき5万円(1〜6回目)または10万円(7〜12回目)となります。

尚、こちらの商品は16〜40歳の女性向け商品で、2016年10月2日より発売が開始されます。

近い将来、女性の妊娠や出産がもっと奨励され、女性がさらに暮らしやすい社会になっていくのかもしれませんね。

<女性保険に関わるおすすめ記事>
小林麻央も北斗晶も…今こそ見直したい「女性保険」基本のき
妊娠中は入りにくい?女性保険「出産前or後」ベストな加入時期は?
学資保険は出産前がお得?

同じカテゴリの記事

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。