50万円もらえる事例も!「三世代同居を応援する」助成金制度

5

読了目安[ 3 分 ]

平成28年度の税制改正で、三世代同居に対応した住宅リフォームを行う場合に税制上の特例措置が講じられることになりました。

内閣府の調査によると、子育て世代である30〜40代の約20%が三世代同居を理想の住まいとしています。しかし、実際の三世代同居率は全世帯の5.2%にとどまっているようです。今後、三世代同居が可能な住宅を建てたり、リフォームをする動きは高まっていきそうですね。

ちなみに、リフォーム代金はおおむね250万円ほどが相場のようです。

さて、注目を集めている三世代同居ですが、自治体によっては助成金を出して援助をしています。今回の記事では、三世代同居を後押ししてくれる助成金をご紹介させていただきます。

◼︎東京都北区 三世代住宅建設助成:50万円

こちらは、三世代世帯が居住するための新築住宅を、北区内に建設した場合に対象となる助成金です。4室以上の居住室のうち、1室は高齢者専用室とすることが条件で、さらに三世代の各居室を室内で行き来できることが必要となります。

また、玄関・トイレ・浴室・階段は高齢者の安全が確保できるよう決められた仕様にし、住居内の段差は3mm以内に抑える必要があります。助成額は一戸につき50万円で、着工前に申請が必要です。

◼︎神奈川県海老名市三世代同居支援リフォーム助成金:最大20万円

こちらは、海老名市にある住宅(戸建、マンションどちらでも可)を、三世代同居用にリフォームした場合に受けられる助成金です。既に三世代同居している世帯も、これから新たに三世代同居する世帯もどちらも対象で、子世帯に中学生以下の子がいることが条件となります。(出産予定含む)

リフォーム工事については、海老名市内に本社または本店のある施工業者(市に住宅リフォーム取扱事業者の届出要)を利用することが必要で、工事費は10万円以上が対象となります。

なお、助成額は工事費の1/2で上限は20万円、工事着工前に必ず申請が必要です。こちらの助成金は、平成29年3月31日までに工事を完了し、市に報告が必要となりますので、検討中の方は早めに申請した方が良さそうです。

今回は2つの自治体の助成金をご紹介いたしましたが、様々な自治体で似たような助成事業を行っています。 二世帯住宅をお考え中の方は、工事着工前にぜひ自治体の助成金有無を調べてみて下さいね。

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。